F1:2023年から全F1ドライバーのヘルメットにバイザーカメラを設置

2022年6月7日
F1:2023年から全F1ドライバーのヘルメットにバイザーカメラを設置
F1は、2023年から全F1ドライバーのヘルメットにバイザーカメラーを取り付けることを決定。F1の4つのヘルメットメーカーのひとつであるシューベルトは、問題が発生することはないと語る。

4月にロンドンで開催されたF1コミッションの会議の後、FIA(国際自動車連盟)は、2023年シーズンから、すべてのF1ドライバーにバイザーカメラの設置を義務付けることを発表した。

ルイス・ハミルトン、アメジストをイメージしたスペシャルヘルメット

2022年5月27日
ルイス・ハミルトン、アメジストをイメージしたスペシャルヘルメット / 2022年 F1モナコGP
ルイス・ハミルトンは、2022年のF1モナコGPにアメジスト(紫水晶)にインスパイアされたデザインの1回限りのヘルメットで出場する。

“王冠の宝石”の称されるモナコグランプリは、歴史的な名声のために多くのF1ドライバーにとって特別なイベントであり、例年、スペシャルデザインのヘルメットを用意することが多い。

ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット

2022年5月6日
ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット / マクラーレン F1 マイアミGP
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、今週末のマイアミGPでバスケットボールをモチーフとしたスペシャルヘルメットを公開した。

ランド・ノリスは、ヘルメットのデザインを頻繁に変更するドライバーの一人であり、初開催のマイアミGPにむけてユニークなデザインのヘルメットを用意した。

マックス・フェルスタッペン、“マイアミ・バイス”風味の特別ヘルメット

2022年5月4日
マックス・フェルスタッペン、“マイアミ・バイス”風味の特別ヘルメット / レッドブル・レーシング F1 マイアミGP
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、今週末に待望の初開催を迎えるF1マイアミGPのためにスペシャルヘルメットを用意した。

F1がフロリダに戻るのは、22歳のブルース・マクラーレンがセブリングで初勝利を挙げた1959年以来。今週末、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでF1マイアミGPが初開催される。

角田裕毅、チームの母国GPでイタリアカラーのスペシャルヘルメット

2022年4月22日
角田裕毅、チームの母国GPでイタリアカラーのスペシャルヘルメット / F1エミリア・ロマーニャGP
角田裕毅は、スクーデリア・アルファタウリの母国グランプリとなるF1エミリア・ロマーニャGPにイタリアカラーのスペシャルヘルメットを用意した。

F1エミリア・ロマーニャGPが開催されるイモラ・サーキットは、スクーデリア・アルファタウリのファクトリーのあるファエンツァから15kmほどの距離にあり、チームにとって母国グランプリとなる。ファクトリー近郊に住居を構えている角田裕毅は、自宅からレースに通勤する。

ルイス・ハミルトン、2022年はイエローカラーのヘルメットが復活

2022年3月18日
ルイス・ハミルトン、2022年はイエローカラーのヘルメットが復活 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年のヘルメットでイエローのカラーリングを復活させた。

デビュー当時はアイドルであるアイルトン・セナをモチーフにしたイエローのヘルメットを着用していたルイス・ハミルトンだが、2014年からホワイト、2020年からはブラックをベースとしたヘルメットに変更していた。

ピエール・ガスリー、ウクライナを支援する反戦ヘルメット

2022年3月18日
ピエール・ガスリー、ウクライナを支援する反戦ヘルメット / F1バーレーンGP
スクーデリア・フェラーリのピエール・ガスリーは、2022年F1世界選手権の開幕戦バーレーングランプリでウクライナを支援する反戦ヘルメットを着用する。

2月24日でウクライナで戦争が始まった以来、3月17日の時点での民間人犠牲者は2300人を超えたとウクライナ当局は発表。ロシア軍も7000人を超える死者が出ていると報じられている。

セバスチャン・ベッテル、ウクライナへのサポートを示す“反戦”ヘルメット

2022年3月10日
セバスチャン・ベッテル、ウクライナへのサポートを示す“反戦”ヘルメット / F1バーレーンテスト
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンテストにウクライナを支援する“反戦”ヘルメットを用意した。

2月24日でウクライナで戦争が始まった以来、3月9日の時点で1424人(死者516人、負傷者908人)の民間人犠牲者が確認されたと国連人権委員会は発表。両国の軍隊にも数千人の死者が出ている。

ハースF1のミック・シューマッハ、2022年に向けてヘルメットをイメチェン

2022年2月28日
ハースF1のミック・シューマッハ、2022年に向けてヘルメットをイメチェン
ハースF1チームのミック・シューマッハは、2022年のF1世界選手権に向けてヘルメットを印象的なマルチカラーのデザインに変更した。

2021年にF1デビューを果たしたミック・シューマッハだが、ハースF1チームが2022年を優先してマシンの開発をしない決断をしたことで、グリッドの最後尾をチームメイトと争うことがほとんどだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム