ルイス・ハミルトン 2022年F1ブラジルGP スペシャルヘルメット

2022年11月12日
ルイス・ハミルトン 2022年F1ブラジルGP スペシャルヘルメット
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年F1ブラジルGPをスペシャルヘルメットで戦う。

F1ブラジルGP前にブラジルの名誉市民となった7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、1994年に亡くなった彼のレーシング ヒーロー、サンパウロ出身のアイルトン・セナとともに、南米の国を長い間愛してきた。

セルジオ・ペレス、映画『ブラックパンサー』とコラボしたヘルメット

2022年11月9日
セルジオ・ペレス、映画『ブラックパンサー』とコラボしたヘルメット / F1ブラジルGP
セルジオ・ペレスは、今週末のF1ブラジルGPで映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』とコラボレーションしたスペシャルヘルメットを着用する。

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバーは、大成功を収めた マーベル・シネマティック・ユニバース の最新作で、今週末に公開が予定されている。

セバスチャン・ベッテル、F1引退ヘルメットの写真スペースをファンに販売

2022年11月8日
セバスチャン・ベッテル、F1引退ヘルメットの写真スペースをファンに販売
セバスチャン・ベッテルは、来月のF1アブダビGPでの引退レースで着用するスペシャルヘルメットの一部にファンを招待した。

F1キャリアを通して、セバスチャン・ベッテルは、象徴的なヘルメットのカラーリングを施してきた。そして、F1での最後のレースでは、彼は別の記憶に残るデザインを使用する予定だ。

マックス・フェルスッタッペン F1ワールドチャンピオン“金箔”ヘルメット

2022年10月29日
マックス・フェルスッタッペン F1ワールドチャンピオン“金箔”ヘルメット
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1メキシコGPからゴールドカラーの“ワールドチャンピオンヘルメット”で残りのレースを戦う。

F1日本GPで2連続となるF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペン。レッドブル・レーシングは、前戦F1アメリカGPで2013年以来となる5回目のコンストラクターズチャンピオンを獲得して、2冠を達成した。

セバスチャン・ベッテル、故マテシッツ氏を追悼して“レッドブル”ヘルメット

2022年10月28日
セバスチャン・ベッテル、故マテシッツ氏を追悼して“レッドブル”ヘルメット / F1メキシコGP
セバスチャン・ベッテルは、今週末のF1メキシコGPで、先週亡くなった創業者兼共同オーナーのディートリッヒ・マテシッツに敬意を表して、“レッドブル”デザインのスペシャルヘルメットを着用する。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブルにとって初勝利を挙げ、初のF1ワールドチャンピオンを獲得し、4連覇を達成したドライバー。ディートリッヒ・マテシッツの訃報を聞いて、レッドブル・レーシングのガレージを訪れていた。

2022年 F1アメリカGP:多くのドライバーがスペシャルヘルメットを用意

2022年10月23日
2022年 F1アメリカGP:多くのドライバーがスペシャルヘルメットを用意
2022年のF1アメリカGPでは、多数のドライバーがサーキット・オブ・ジ・アメリカズで1回限りのスペシャルヘルメットを着用する。

F1人気が高まっているアメリカは、F1ドライバーにも人気が高い舞台。多くのドライバーがカラーリングやレトロなテイストなど、アメリカテイストを盛り込んだスペシャルデザインのヘルメットを持ち込んでいる。

2022年 F1日本GP:多数のドライバーがスペシャルヘルメットを着用

2022年10月9日
2022年 F1日本GP:多数のドライバーがスペシャルヘルメットを着用
2022年のF1日本GPでは、多くのドライバーが鈴鹿サーキットで1回限りのスペシャルヘルメットを着用する。

新型コロナウイルスによって3年ぶりの開催となるF1日本GP。過去に歴史的なバトルが繰り返された伝説的なトラックである鈴鹿サーキットはF1ドライバーに人気が高く、多くのF1ドライバーが今回のグランプリに向けてスペシャルなヘルメットと用意している。

ルイス・ハミルトン、F1日本GPで村上隆とコラボしたスペシャルヘルメット

2022年10月9日
ルイス・ハミルトン、F1日本GPで村上隆とコラボしたスペシャルヘルメット
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、F1日本GPの土曜日に世界的な日本人アーティスト 村上隆とコラボレーションしたスペシャルヘルメットを披露した。

ルイス・ハミルトンは自身のブランド『+44』で村上隆とコラボレーションして限定コレクションを発表しており、F1日本GPに先立ち、アトリアを訪れていた。

セバスチャン・ベッテル、ラスト鈴鹿ヘルメットは“ありがとうアライ”

2022年10月7日
セバスチャン・ベッテル、ラスト鈴鹿ヘルメットは“ありがとうアライ” / F1日本GP
セバスチャン・ベッテルは、鈴鹿サーキットでの最後のF1レースとなる日本グランプリでのヘルメットで長年愛用してきたアライに感謝を示した。

今年でF1を引退するセバスチャン・ベッテルは、1995年に8歳でカートを始めたときからアライのヘルメットを使用している。F1日本GPで使用するヘルメットには背面に「ありがとうアライ」のメッセージが記された。全体のデザインは、ヘルメットが配送される箱を表し、旗が梱包用テープの役割を果たしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム