ハースの2021年10月のF1情報を一覧表示します。

ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」

2021年10月29日
ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」
ハースF1のミック・シューマッハは、F1アメリカGPで優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に与えた影響についての自身の見解を語った。

レースの終了間際。マックス・フェルスタッペンよりも8周フレッシュなタイヤを履いたルイス・ハミルトンは、その差を縮めていく過程で、周回遅れのミック・シューマッハに出くわした。

ニキータ・マゼピン 「故意に悪童になろうとしているわけではない」

2021年10月27日
ニキータ・マゼピン 「故意に悪童になろうとしているわけではない」 ハースF1チーム
ハースF1のニキータ・マゼピンは、コース上でミスを犯していることは認めるが、意図的にネガティブな態度を取っているわけではないと語る。

接触、スピン、またはその他のインシデントによって、ニキータ・マゼピンの評判は決して良いものではない。だが、マゼピンは、今シーズンのハースF1のマシンが自分のアクションに影響を与えているとし、競争力のないマシンではより多くのリスクを冒さなければならないと考えている。

ミック・シューマッハ 「大好きなサーキット。まずまずのスタート」

2021年10月23日
ミック・シューマッハ 「大好きなサーキット。まずまずのスタート」 ハース F1アメリカGP 金曜フリー走行
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を17番手で終えた。

「大好きだね。ここをドライブするのは楽しいし、観客が来てくれているのも素晴らしいことだ。まだやることはたくさんあるけど、オースティンでの初めての週末はそれなりのスタートとなった」とミック・シューマッハはコメント。

ニキータ・マゼピン 「トラフィックに不満。一発のペースが得られなかった」

2021年10月23日
ニキータ・マゼピン 「トラフィックに不満。一発のペースが得られなかった」 ハース F1アメリカGP 金曜フリー走行
ハースF1のニキータ・マゼピンは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を20番手で終えた。

「バンピーだった。それで高速なのは理想的ではないけど、間違いなくそれがサーキットにキャラクターを与えている」とニキータ・マゼピンはコメント。

「トラフィックによって楽な一日ではなかった。トラックはとても長いけど、何らかの理由で合わせ込むことができなかった」

ハースF1のニキータ・マゼピン、アメリカ入国のためのビザ取得でトラブル

2021年10月23日
ハースF1のニキータ・マゼピン、アメリカ入国のためのビザ取得でトラブル
F1アメリカGPの週末にむけて、2人のロシア人ドライバーがアメリカに入国するのに苦労を強いられた。

今週末、オースティンでF1のサポートレースとして開催されるWシリーズに参戦する予定だった女性ドライバーのイリーナ・シドルコバは、アメリカ当局からビザを拒否された。

「私のシーズンは終わりました。私はビザを拒否されました」とイリーナ・シドルコバは Taas 語った。

ハースF1代表 「アンドレッティのF1参入を脅威とは見なしていない」

2021年10月22日
ハースF1代表 「アンドレッティのF1参入を脅威とは見なしていない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、アンドレッティ・オートスポーツがアメリカの第2のチームとして参入する可能性を脅威とは見ないしてないと語る。

アンドレッティ・オートスポーツは、ザウバーの所有者と支配会社の過半数の株式を購入し、アルファロメオF1チームを引き継ぐことについて話し合っていると理解されている。

小松礼雄 「ミック・シューマッハの姿勢はモチベーションをもたらしている」

2021年10月22日
ハースF1の小松礼雄 「ミック・シューマッハの姿勢はモチベーションをもたらしている」
ハースF1のチーフレースエンジニアを務める小松礼雄は、ミック・シューマッハの立ち振る舞いは、彼自身だけでなく、周りの人々にもモチベーションをもたらしていると称賛する。

今シーズン、ハースF1チームは苦戦を強いられているが、小松礼雄は、ハースF1のエンジニアとミック・シューマッハがうまく協力しているとし、それがドライバーとチームの両方にとって相互利益になっていると説明。

ニキータ・マゼピン 「シューマッハのスキー事故は僕たちが最初に聞いた」

2021年10月21日
F1:ニキータ・マゼピン 「シューマッハのスキー事故は僕たちが最初に聞いた」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの緊張関係を和らげ、実際には彼とユニークな絆を共有していると語る。

カート時代から衝突していたことを認める二人だが、ニキータ・マゼピンは、シューマッハ家との関係について、これまで公開されていなかった情報を共有した。

ウィリアムズF1代表 「ミック・シューマッハを乗せて勝ちたい」

2021年10月20日
ウィリアムズF1代表 「ミック・シューマッハを乗せて勝ちたい」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ミック・シューマッハを称賛しており、将来、彼をチームに連れてくることへの興味を示した。

今年、ミック・シューマッハがF1デビューを果たしたハースF1は、ウィリアムズにとって直接のライバルであり、フィールド後方でバトルを展開している。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム