ハースF1のニキータ・マゼピン、アメリカ入国のためのビザ取得でトラブル
F1アメリカGPの週末にむけて、2人のロシア人ドライバーがアメリカに入国するのに苦労を強いられた。

今週末、オースティンでF1のサポートレースとして開催されるWシリーズに参戦する予定だった女性ドライバーのイリーナ・シドルコバは、アメリカ当局からビザを拒否された。

「私のシーズンは終わりました。私はビザを拒否されました」とイリーナ・シドルコバは Taas 語った。

「まず、私はオマーンの米国大使館でのインタビューで拒否されました、そして、Wシリーズでも再びそうなりました。F1と国会議員が最後の瞬間まで問題を解決しようと頑張ってくれました」

彼女はビザのためにレースをすることができなかったのは「人生で初めて」だと語った。

「私はロシア出身のドライバーであり、それを誇りに思っています。何があっても、私は続けていきます」とイリーナ・シドルコバは主張した。

F1で唯一のロシア人ドライバーであるニキータ・マゼピンも、同様の問題を抱えていた。

「こんなに長い旅行をするのではなく、もっと長く家にいたかったね。他のロシア人ドライバーと同じように、米国ビザの取得に問題があった」とニキータ・マゼピンは明らかにした。

「私がなんとか手に入れた他の国はメキシコだった。ロジスティックの観点から、それはベストの選択肢とはほど遠いものでだった」

生まれ故郷のスイスから米国に旅行したアルファロメオのチームマネージャーであるビート・ツェンダーでさえ、グランプリ週末のためにアメリカに入るのに苦労した。

ビート・ツェンダーは「最長の旅行だった。合計38時間かかり、予定より1日遅れて到着した」とし、いくつかのフライトがキャンセルされたことに苦しめられたと明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / F1アメリカGP / ハース