ハースF1の小松礼雄 「ミック・シューマッハの姿勢はモチベーションをもたらしている」
ハースF1のチーフレースエンジニアを務める小松礼雄は、ミック・シューマッハの立ち振る舞いは、彼自身だけでなく、周りの人々にもモチベーションをもたらしていると称賛する。

今シーズン、ハースF1チームは苦戦を強いられているが、小松礼雄は、ハースF1のエンジニアとミック・シューマッハがうまく協力しているとし、それがドライバーとチームの両方にとって相互利益になっていると説明。

ミック・シューマッハは、レース毎に常に良いレースをする方法を模索しているとし、彼の“自己批判的”な性格は、何が悪かったのかで自分自身を落胆させるものではなく、ポジティブな労働環境に貢献するものだと語った。

「ミックは本当に一生懸命働いていると思います」と小松礼雄は語った。

「彼は、良い週末であろうと悪い週末であろうと、良い意味で本当に自己批判的です」

「彼は常に改善すべき分野を探しています。彼が『OK、僕はこれを間違った。これを改善する必要がある』と話しているとき、それは実際に彼を落ち込ませているわけではありません。それは彼にとり多くのモチベーションを与えるだけです。ですから、彼は常に自分自身だけでなく、彼が影響を与えることができる他のことにも目を向けています」

「また、彼はエンジニアと本当に一生懸命働いています。そして、彼らもミックの姿勢にモチベーションを与えられています。したがって、両方の方法で機能しています」

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・・シュタイナーは、F1トルコGPでのミック・シューマッハのQ2進出は、ポジティブな結果がほとんどないシーズンで、チーム内にさらなる自信を植え付けるのに役立ったと語っている。

小松礼雄は、ルーキーがシーズンを通して成し遂げた進歩は継続的であり、レースの週末に関するすべて(ポジティブとネガティブ)が適切に報告されていると語る。

「彼は常に学び、改善し、毎回吸収しています」と小松礼雄は語る。

「フリープラクティスセッションでクラッシュして、それが彼の予選パフォーマンスなどに影響を与えた週末もありました」

「すぐにじっくり話あうことも、1週間後や次のイベントで話したりすることもありますが、物事を言わずに放置したり、見なかったことにすることは決してありません」

「そして、彼はエンジニアと非常に緊密に協力しています。さらに、週末へのアプローチの哲学、自分たちが間違ったこと、そして、ポジティブかネガティブかを問わず、特定のことを実現するための考え方についても、私は彼と緊密に協力しています」

「我々は、将来の週末に向けて、より多くのポジティブな要素をまとめようとしています。ですから、彼がステップを果たした週末をピンポイントでに特定することはできません。彼は常に改善を求めていると思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ