F1:ニキータ・マゼピン 「シューマッハのスキー事故は僕たちが最初に聞いた」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの緊張関係を和らげ、実際には彼とユニークな絆を共有していると語る。

カート時代から衝突していたことを認める二人だが、ニキータ・マゼピンは、シューマッハ家との関係について、これまで公開されていなかった情報を共有した。

ニキータ・マゼピンは、ミハエル・シューマッハが2013年にフランスアルプスで運命的なスキー事故を起こしたとき、彼の家族は実施アに近隣のスキーリゾートに滞在していたことをロシアの大手放送局であるRBCに明かした。

「それについて最初に聞いたのは僕たちだ」とニキータ・マゼピンは語った。「電話をして、迅速な回復を願った」

「1週間後、イタリアでウインターシーズンに向けてミックに会った。彼が起こってしまった状況にいかにプロフェッショナルに対処しているかに驚いた。あのような若い年齢でね」とミック・シューマッハと同い年のニキータ・マゼピンは語った。

父親が影響力のあるロシアの実業家ドミトリーであるニキータ・マゼピンは、11歳で初めてミハエル・シューマッハに会ったときのことを語った。

「僕は彼がスポーツで成し遂げたすべてを理解しているわけではなかった。僕にとって、彼はただの有名なドライバーだった」とニキータ・マゼピンは語った。

「僕たちの間には敬意があった。彼は素晴らしい人であり、私にとってずっと模範であることは確かだ」

ニキータ・マゼピンは、F1デビューシーズンが実質的に競争力のないマシンでミック・シューマッハを倒そうすることしかできないことへの複雑な感情を認めた。

「チームは、あらかじめ10チーム中最下位のチームとして終える準備ができていた。だから、彼らは若いドライバーのどっちが20位で誰が19位かはあまりに気にしていない」とニキータ・マゼピンは語った。

「でも、F1での私の目標と100%を与えるという僕の習慣を考えると、それは僕にとって非常に重要なことだ。でも、チームはそれを好きでやっているわけではないことは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ミハエル・シューマッハ / ハース / ミック・シューマッハ