ウィリアムズF1代表 「ミック・シューマッハを乗せて勝ちたい」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ミック・シューマッハを称賛しており、将来、彼をチームに連れてくることへの興味を示した。

今年、ミック・シューマッハがF1デビューを果たしたハースF1は、ウィリアムズにとって直接のライバルであり、フィールド後方でバトルを展開している。

ミック・シューマッハはまだ世界選手権でポイントを獲得していないが、F1トルコGPでのQ2進出を筆頭に何度か輝きを見せている。

ハースとウィリアムズはどちらも2022年のドライバーラインアップを確定させており、ミック・シューマッハはニキータ・マゼピンとともにF1での2シーズン目を迎える。一方、ウィリアムズは、メルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任としてアレクサンダー・アルボンを獲得。ニコラス・ラティフィとチームを組む。

しかし、2023年についてはオープンなままとなっている。ウィリアムズは悲惨な過去数シーズンから改善を見せており、チーム代表を務めるヨースト・カピトは、同じドイツ出身のミック・シューマッハはF1で成功を収める実力の持ち主であり、自らのチームで勝てるマシンを与えたいと考えている。

「ミックは素晴らしい仕事をしていると言わざるを得ない」とヨースト・カピトは RTL とのインタビューで語った。

「F1での彼の最初の年だが、彼が物事をどのように扱っているか、(ハース)チームをどのように扱っているか、そして、チームが彼をいかに支持しているかは本当に素晴らしい」

「彼は目を離せないドライバーだ。彼はナイスガイだし、勝てるマシンに乗る価値がある」

「私はそれが起こると確信している。それがウィリアムズだったら、さらに良いだろう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ハース