ハースの2021年02月のF1情報を一覧表示します。

ハース 「あの事故はグロージャンのインディカー後援を思い止まらせた」

2021年2月27日
F1:ハース 「あの事故はグロージャンのインディカー後援を思い止まらせた」
ハースのオーナーであるジーン・ハースは、F1バーレーンGPでのロマン・グロージャンの劇的なクラッシュを経験し、今年のインディカーでグロージャンをスポンサードするという決定を覆したと明かした。

昨年11月、ハースのF1ドライバーだったロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPのオープニングラップでバリアにクラッシュ。マシンは大きな炎に包まれたが、グロージャンは残骸から奇跡的にも生還。手に火傷を負っただけで済んだ。

ミック・シューマッハ 「父のようにフェラーリでF1を戦うことが夢」

2021年2月26日
ミック・シューマッハ 「父のようにフェラーリでF1を戦うことが夢」
ミック・シューマッハは、今年ハースF1でキャリアをスタートすることを嬉しく思っているが、夢は“父のように”いくつかフェラーリでレースをすることだと語る。

ミハエル・シューマッハがジョーダンでF1デビューしてから30年後、21歳のミック・シューマッハは今シーズン、ハースF1とともにF1グリッドに登場する。

ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』のカラーリングを3月4日に発表

2021年2月25日
ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』のカラーリングを3月4日に発表
ハースF1は、2012年F1マシン『VF-21』のカラーリングを3月4日(木)に披露することを発表。全10チームの発表日が出揃った。

唯一これまで2021年F1マシンの公開日が未定となっていたハースF1だが、3月4日(木)に他チームと同じようにオンラインイベントで『VF-21』のカラーリングを公開することを明らかにした。

“ニキータ・マゼピンを殺せ” 行き過ぎた誹謗中傷にハースF1が警告

2021年2月21日
“ニキータ・マゼピンを殺せ” 行き過ぎた誹謗中傷にハースF1が警告
ハースF1は、2021年にF1ドライバーとして起用するニキータ・マゼピンが、昨年末のソーシャルメディアでの自分の行動について受けている継続的な批判から教訓を得たと信じており、行き過ぎた誹謗中傷に警告した。

ニキータ・マゼピンは、2021年のハースのF1ドライバーとして発表された直後、アブダビGP前に自動車の後部座席で女性の胸を触ろうとしている動画をInstagramに投稿。

ピエトロ・フィッティパルディ、2021年もハースF1のリザーブを継続

2021年2月20日
ピエトロ・フィッティパルディ、2021年もハースF1のリザーブを継続
ピエトロ・フィッティパルディは、ハースF1チームとの契約を延長し、2021年もテスト兼リザーブドライバーの役割を担う。

24歳のピエトロ・フィッティパルディは、2020年の大部分のレースに帯同し、F1バーレーンGPでの大クラッシュでロマン・グロージャンが最終2戦を欠場した際に代役としてレース出場を果たした。

F1:ハースとウィリアムズ、BWTとのタイトルスポンサー契約で争奪戦?

2021年2月19日
F1:ハースとウィリアムズ、BWTとのタイトルスポンサー契約で争奪戦?
ハースとウィリアムズの2チームが、有名なピンクのカラーリングを特徴とするBWTとのタイトルスポンサー契約を巡って交渉中だと報じられている。

昨年までレーシング・ポイントのタイトルスポンサーを務めていたBWTだが、ローレンス・ストロール率いるチームは、新生アストンマーティンF1でブリティッシュグリーンを採用するためにコグニサントと新たな契約を締結。BWTのF1へのスポンサーシップは空き状態となった。

ハースF1チーム、BWTとタイトルスポンサー契約を結んでピンクに変身?

2021年2月18日
ハースF1チーム、BWTとタイトルスポンサー契約を結んでピンクに変身?
ハースF1チームは、2021年にBWTとタイトルスポンサー契約について交渉しており、2021年にミック・シューマッハとニキータ・マゼピンは、ピンクのF1マシンにピンクのレーシングスーツで乗り込む可能性があると報じられている。

2月17日(水)にニキータ・マゼピンがシート合わせのためにハースF1チームのファクトリーを初訪問してシート合わせを実施。その一方で、アストンマーティンが2021年にグリーンに代わることで、オーストリアのピンク色のスポンサーであるBWTが提携チームを変更する可能性があるとの噂が渦巻いた。

ニキータ・マゼピン、ハースF1の2021年マシン『VF-21』でシート合わせ

2021年2月18日
ニキータ・マゼピン、ハースF1の2021年マシン『VF-21』でシート合わせ
ニキータ・マゼピンが、ハースF1の2021年F1マシン『VF-21』でシート合わせを完了。チームが画像を公開した。

昨年12月、ハースF1チームは2021年のF1ドライバーとしてニキータ・マゼピンの起用を発表。ハイテックGPからFIA-F2に参戦したマゼピンは、ランキング5位でシーズンを終え、無事にスーパーライセンスを獲得した。

ミック・シューマッハ、新型コロナによってまだハースF1と合流できず

2021年2月15日
ミック・シューマッハ、新型コロナによってまだハースF1と合流できず
ミック・シューマッハは、来月のハースF1とのレースデビューに向けた準備がヨーロッパ全体で進行中の新型コロナウイルスの状況によってどのような影響を受けているかを明らかにした。

昨年のFIA-F2でタイトルを獲得したミック・シューマッハは、フェラーリのカスタマーチームであるハースF1からデビューが決定。フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるミック・シューマッハは、フェラーリF1でテスト走行を含めて準備を進めているが、まだハースF1チームの英国にあるファクトリーを訪れていない。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム