ピエール・ガスリー 「9番手という結果はとても悔しい」 / F1フランスGP

2019年6月23日
F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1フランスGPの予選を9番手で終えた。

Q3へ進出したドライバーはQ2で使用したタイヤをスタート時に履くことになる。そのため、ピエール・ガスリーはソフトタイヤで決勝レースをスタートすることとなる。

アレクサンダー・アルボン 「タイヤを選べる11番手スタートはいい結果」

2019年6月23日
F1 アレクサンダー・アルボン ホンダF1
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1フランスGPの予選を11番手で終えた。

アレクサンダー・アルボンがわずか0.04秒差でトップ10に入ることができず、11番手で予選を終了。Q3進出を逃す形になった。ただし、Q2で予選を終えているために決勝のスタートタイヤを自由に選択した上でレースを開始することとなる。

ダニール・クビアト 「レースのセットアップを重視して走行した」

2019年6月23日
F1 ダニール・クビアト ホンダF1
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1フランスGPの予選を16番手で終えた。

ダニール・クビアトは、スペック3のPU投入によるペナルティーのために最後尾スタートが事前に決まっていたこともあり、ホンダ勢で唯一Q1敗退となった。また、将来的なペナルティーを最小限に抑える目的で、新たに2つのPUコンポーネントを戦略的に投入している。

ホンダF1 「3台のスペック3のPUは問題なくスムーズに機能」

2019年6月23日
F1 ホンダF1
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1フランスGPの予選を振り返った。

ホンダF1エンジン勢は、レッドブル・ホンダの2台がQ3進出を果たし、マックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが9番手。トロロッソ・ホンダはアレクサンダー・アルボンが11番手、ダニール・クビアトが16番手で予選を終えた。

F1フランスGP 予選 | ルイス・ハミルトンが今季3回目のポールポジション

2019年6月22日
F1 フランスGP 予選 結果
2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPの予選が6月22日(土)にポール・リカール・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得。バルテリ・ボッタスが2番手に続き、メルセデスがフロントローを独占した。

好天が続いているポール・リカール。土曜日も気温は高く、現地時間15時の気温は25.9度、路面温度は55.2度まで上昇した。

レッドブル 「予選までホンダのスペック3を安全なモードで走らせてきた」

2019年6月22日
F1 レッドブル ホンダF1
レッドブル・ホンダのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、まだホンダの“スペック3”F1エンジンをフルパワーで走らせていないと語り、予選でまだ馬力を上げられることを示唆した。

ホンダの“スペック3”エンジンのパフォーマンスについて質問されたクリチャン・ホーナーは「現時点ですべてOKだ。期待通りの数字をクルマにもたらしている」と Sky F1 にコメント。

【速報】 F1フランスGP 予選 結果/順位 … ルイス・ハミルトンがPP獲得

2019年6月22日
F1 フランスGP
2019年 F1フランスGPの予選が6月22日(土)にポール・リカール・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)ポールポジション。バルテリ・ボッタスが2番手に続いてメルセデスがフロントローを独占した。

ホンダF1エンジン勢は、レッドブル・ホンダの2台がQ3進出を果たし、マックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが9番手。トロロッソ・ホンダはアレクサンダー・アルボンが11番手、ダニール・クビアトが16番手で予選を終えた。

F1フランスGP 予選Q2 結果 | トロロッソ・ホンダのアルボンが脱落

2019年6月22日
F1フランスGP
2019年 F1フランスGPの予選Q2が行われ、ホンダのF1エンジン勢ではトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがノックアウトとなった。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。メルセデスの2台、フェラーリの2台、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、カルロス・サインツ(マクラーレン)がミディアムタイヤでアタックを開始。

F1フランスGP 予選Q1 結果 | トロロッソ・ホンダのクビアトが脱落

2019年6月22日
F1 フランスGP
2019年 F1フランスGPの予選Q1が行われ、ホンダのF1エンジン勢ではエンジンペナルティで後方スタートが決定しているトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがノックアウトとなった。

現地時間15時。気温は25.9度、路面温度は55.2度まで上昇のドライコンディションで18分間のQ1セッションはスタート。全チームがソフト(タイヤ)でアタックを開始した。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム