ジョージ・ラッセル 「順位よりもトップとのタイム差の方が気になる」 / メルセデス F1フランスGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの予選を6番手で終えた。

「チームとして、特に昨日以降、僕たちは期待または予想していたよりも少し遅れていると感じている」とジョージ・ラッセルはコメント。

「個人的には、Q3は良いスタートを切ったし、4番手にいたけど、最後のラップでミスをしてしまった」

「結局のところ、ポジションよりもフロントとのタイム差の方が気になる。土曜日と比較して日曜日にフロントとのギャップを縮めちているのは僕たちだけなので、それを理解する必要がある」

「他のすべてのギャップが拡大するけど、僕たちはそれをなんとか減らすことができる」

「明日はルイスがチェコと戦うことができること期待しているけど、シャルルとマックスはおそらく現時点では速すぎると思う」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1フランスGP