レッドブルF1育成のリアム・ローソン 「もうDTMには参戦したくない」

2021年10月16日
レッドブルF1育成のリアム・ローソン 「もうDTMには参戦したくない」
レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、先週末に物議を醸す接触事故でチャンピオンシップを逃したDTM(ドイツツーリングカー選手権)にはもう留まりたくはないと語る。

リアム・ローソンは、日曜日のノリスリンクでの最終戦で、チャンピオンシップのライバルであるケルビン・ファン・デル・リンデによって引き起こされたオープニングラップの衝突の無実の犠牲者になり、ルーキーシーズンにDTMタイトルを獲得するチャンスを潰された。

レッドブルF1首脳、リアム・ローソンの接触相手に激怒「出場禁止にすべき」

2021年10月15日
レッドブルF1首脳、リアム・ローソンの接触相手に激怒「出場禁止にすべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジュニアドライバーのリアム・ローソンのDTMタイトルの希望を打ち砕いたケルビン・ファン・デル・リンデに激怒。彼を「出場停止」にするよう求めた。

リアム・ローソンは、DTMタイトルの最有力候補として、最終戦にマキシミリアン・ゲッツに18ポイントのリードを築いてポールポジションからレースをスタートした。

レッドブルF1育成のリアム・ローソン、DTMタイトルを奪った接触相手に激怒

2021年10月12日
レッドブルF1育成のリアム・ローソン、DTMタイトルを奪った接触相手に激怒
レッドブルF1育成のリアム・ローソンは、DTMタイトルを逃すことになった接触が原因となったケルビン・ファン・デル・リンデを“最も汚い”ドライバーだと非難した。

リアム・ローソンは、最終的にタイトルを獲得したマキシミリアン・ゲッツに18ポイントのリードを築いて最終戦に臨んだ。

レッドブルF1首脳 「フェラーリとのDTMでのコラボは理にかなっている」

2021年9月3日
レッドブルF1首脳 「フェラーリとのDTMでのコラボは理にかなっている」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めうヘルムート・マルコは、ジュニアドライバーのキャリアを向上させるためとはいえ、F1のライバルであるフェラーリとコラボレーションしている現状を擁護した。

昨年末にアレクサンダー・アルボンがレッドブルのF1レースプログラムから外された後、レッドブルは、フェラーリ488スポーツカーをベースにしたDTM(ドイツツーリングカー選手権)プロジェクトを立ち上げた。

アレクサンダー・アルボン、ニュルブルクリンクのレース2でDTM初勝利

2021年8月23日
アレクサンダー・アルボン、ニュルブルクリンクのレース2でDTM初勝利
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、日曜日にニュルブルクリンクで開催されたDTM(ドイツツーリングカー選手権)のレース2でDTM初優勝を果たした。

2019年と2020年にF1を戦ったアレクサンダー・アルボンだが、2021年にレッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスを獲得したことで、リザーブドライバーに降格した。

レッドブルF1首脳 「リアム・ローソンにはF1でやっていける能力がある」

2021年8月7日
レッドブルF1首脳 「リアム・ローソンにはF1でやっていける能力がある」
レッドブルF1のモータースポーツドライバーを務めるヘルムート・マルコは、ジュニアドライバーであるリアム・ローソンが“F1で戦う能力”があると高く評価しているが、具体的な時間枠は設けていない。

19歳のニュージーランド人であるリアム・ローソンは、2019年にレッドブル・ジュニアチームと加入し、それ以来、彼のキャリアは非常に向上している。

アレクサンダー・アルボン 「F1に戻るために110%で頑張っている」

2021年6月24日
アレクサンダー・アルボン 「F1に戻るために110%で頑張っている」
アレクサンダー・アルボンは、F1を諦めておらず、復帰するために“110%”の努力をしていると語る。

昨年、レッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして苦戦した後、25歳のアレクサンダー・アルボンは、セルジオ・ペレスに交代させられただけでなく、2021年にDTM(ドイツツーリングカー選手権)に降格した。

アルボン 「レッドブルF1のリザーブの仕事の方がDTMよりも重要」

2021年4月11日
アレクサンダー・アルボン 「DTMよりもレッドブルF1のリザーブの仕事の方が重要」
アレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーに任務が、DTM(ドイツツーリングカー選手権)でどんな結果を出すよりもF1復帰の可能性を確保する上で大きな役割を果たすと考えている。

アレクサンダー・アルボンは、2020年にチームメイトのマックス・フェルスタッペンに一貫して匹敵することができず、レッドブル・レーシングのシートを喪失。2021年にチームは元レーシング・ポイントのドライバーであるセルジオ・ペレスを起用した。

アレクサンダー・アルボン、DTM参戦用のヘルメットを公開

2021年3月30日
アレクサンダー・アルボン、DTM参戦用のヘルメットを公開 / レッドブルF1 リザーブドライバー
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、2021年のDTM(ドイツツーリングカー選手権)で着用するヘルメットを公開した。

昨年までレッドブル・レーシングのF1ドライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンだが、今年はセルジオ・ペレスが加入し、アルボンはレッドブルのリザーブドライバーに降格となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム