レッドブルF1育成のリアム・ローソン、DTMタイトルを奪った接触相手に激怒
レッドブルF1育成のリアム・ローソンは、DTMタイトルを逃すことになった接触が原因となったケルビン・ファン・デル・リンデを“最も汚い”ドライバーだと非難した。

リアム・ローソンは、最終的にタイトルを獲得したマキシミリアン・ゲッツに18ポイントのリードを築いて最終戦に臨んだ。

しかし、マキシミリアン・ゲッツが最終戦で優勝した一方で、ポールポジションのポイントを加算して8位以上でタイトルを獲得できたリアム・ローソンだが、ケルビン・ファン・デル・リンデに衝突され、18位でフィニッシュ。わずか3ポイント差でタイトルを逃した。

リアム・ローソンは、ケルビン・ファン・デル・リンデへの怒りを隠そうとしなかった。

「当然、レースを台無しにされて、かなりがっかりしている」とリアム・ローソンは語った。

「チーム全体のために失望している。彼らは本当にこのタイトルに値した。彼らは今年とても一生懸命働いてくれた。毎週末、僕は本当に最大限を与えてきた。本当に彼らにタイトルで恩返ししたかった」

「僕たちはポールポジションを獲得してすぐそこにいた。クルマは本当に良かったし、スタートも良かった。でも、同じ馬鹿が同じことをするのを防ぐことができない場合もある」

リアム・ローソンが言うように、ケルビン・ファン・デル・リンデに襲われたのは、最終ラウンドが初めてではなかった。

その週末の2レースの最初のレースでも、リアム・ローソンは、ポールポジションからスタートしたが、同じようにケルビン・ファン・デル・リンデに接触され、最終的に3位でフィニッシュしている。

リアム・ローソンは、ケルビン・ファン・デル・リンデは、レース1のレッスンを学ぶことができない、今まで出会った中で最も汚いドライバーだと批判した。

「もちろん、非常に失望している」とリアム・ローソンは付け加えた。

「チーム全体に大変申し訳なく思う。彼らはそれに値する。同じ男に何度も何度も押しのけられた。正直、僕が今までに競争した中で最も汚い男だ。彼は決して学んでいないようだ」

「二日ともターン1をクリーンに通過できず、二日とも同じドライバーにやられるのは非常に苛立たしいことだ。僕彼が学ぶだろうと思っていたけど、おそらく彼は決して学ぶことはない」


アルファタウリF1は、F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで開催されるヤングドライバーテストにリアム・ローソンを起用する。19歳のローソン角田裕毅のF1候補として期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / DTM(ドイツツーリングカー選手権) / レッドブル