レッドブルF1首脳、リアム・ローソンの接触相手に激怒「出場禁止にすべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジュニアドライバーのリアム・ローソンのDTMタイトルの希望を打ち砕いたケルビン・ファン・デル・リンデに激怒。彼を「出場停止」にするよう求めた。

リアム・ローソンは、DTMタイトルの最有力候補として、最終戦にマキシミリアン・ゲッツに18ポイントのリードを築いてポールポジションからレースをスタートした。

しかし、リアム・ローソンの希望は、スタート直後のターン1で打ち砕かれた。強引に割り込んできたケルビン・ファン・デル・リンデに押し出されたローソンは、コース外に押し出されて復帰に時間がかかり、8位以上でタイトルを獲得できたレースを18位で終えた。前日のレースでも同じような接触を受けていた。

ケルビン・ファン・デル・リンデには、5秒ペナルティを科さられたが、ヘルムート・マルコは、レース禁止がより正当だったと述べた。

「あれが意図的でなかったと言うなら、レースマネジメントは、あのようなチャンピオンシップに参加する十分な資格はありません」とヘルムート・マルコは語った。

「そのような誤解では済まされない。ケルビン・ファン・デル・リンデによる完全に愚かな操作だった。そして、それは最初ではなかった。ホッケンハイムでもリアムのリアに突っ込んでいる」

「私にとって、これはスポーツマンシップに反する行動であり、私の意見では適切に制裁を受けるべきだ」

「あのような男はレース禁止にされるべきだ。F1では、ペナルティポイントシステムを通じて彼は自動的に非常に多くのポイントを獲得して、出場禁止になっているだろう」

リアム・ローソンは18位でレースを終えたが、メルセデスはチームオーダーを発令し、ルーカス・アウアーとフィリップ・エリスの両方が最後の3ラップでスローダウンし、マキシミリアン・ゲッツがレースで勝利し、DTMタイトルを獲得した。

ヘルムート・マルコは、その戦略にも不満を抱いている。

「メルセデスがあれほど派手にプレーしたのは、シーズンの非常に称賛に値する終わりではなかった」とヘルムート・マルコは語った。

レース後、リアム・ローソンは、ケルビン・ファン・デル・リンデを「今までにレースをした中で最も汚い男」と形容した。
彼は次のように付け加えました。

「二日ともターン1をクリーンに通過できず、二日とも同じドライバーにやられるのは非常に苛立たしいことだ。僕は彼が学ぶだろうと思っていたけど、おそらく彼は決して学ぶことはない」

ヘルムート・マルコも「彼の言っていることは正しい」と合意した。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / DTM(ドイツツーリングカー選手権)