「フェラーリはF1エンジンの合法性に自信を持っている」とルクレール

2019年10月25日
「フェラーリはF1エンジンの合法性に自信を持っている」とルクレール
シャルル・ルクレールは、フェラーリはF1エンジンの合法性に自信を持っていると主張する。

フェラーリは2019年のF1エンジンで大きな進歩を果たしており、一部ライバルは予選で50馬力以上の優位性があると考えている。

2014年にF1にV6ターボパワーユニットが導入されてから6年目にしての進歩に一部のライバルは疑惑の目をむけており、FIAにフェラーリのF1エンジンの合法性を確認するよう依頼したと報じられている。

シャルル・ルクレール、130R片手運転も「F1が簡単になったわけではない」

2019年10月25日
シャルル・ルクレール、130R片手運転も「F1が簡単になったわけではない」
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1日本GPの決勝レースで鈴鹿サーキットの130Rを片手で運転する映像が、F1が簡単になりすぎていることを示しているとの見解を否定した。

F1日本GPの接触でミラーにダメージを受けたシャルル・ルクレールは、所定の位置に保持するためにミラーを抑えながら130Rを片手で運転。この動画を見た関係者は、F1マシンがあまり挑戦的ではなくなったと指摘した。

シャルル・ルクレール、ハミルトンのビーガン食での体調維持に興味

2019年10月25日
シャルル・ルクレール、ハミルトンのビーガン食での体調維持に興味
フェラーリのシャルル・ルクレールは、ビーガン食で健康を維持しているルイス・ハミルトンのライフスタイルを促進したことを称賛していているが、自分は肉が好きであり、それが現在のダイエットがもたらすパフォーマンスを楽しんでいることを認めている。

シャルル・ルクレールは、ステーキが好物であるため、ルイス・ハミルトンに続いてビーガンになるには遠い道のりだが、すべてのF1ドライバーと同様に自分が得られるどんな利点に興味を持っている。

アラン・プロスト 「フェラーリは2020年に難しいドライバー問題を抱える」

2019年10月24日
アラン・プロスト 「フェラーリは2020年に難しいドライバー問題を抱える」
元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストが、フェラーリが2020年に難しいドライバー問題を抱えることになるだろうと考えている。

4度のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、F1で2シーズン目のシャルル・ルクレールがフェラーリで”印象的な成熟”を見せており、すでにF1で“大スター”と呼びにふさわしいドライバーに成長していると語る。

シャルル・ルクレール 「メキシコは僕にとってまだ新しいサーキット」

2019年10月24日
シャルル・ルクレール 「メキシコは僕にとってまだ新しいサーキット」 / フェラーリ F1メキシコGP プレビュー
フェラーリのシャルル・ルクレールが、2019年 第18戦 F1メキシコPGへの意気込みを語った。

「メキシコのサーキットは珍しいサーキットだ。高地でレースを行い、すべてのチームがマシンにできるだけ多くのダウンフォースをかけようとする。それでも、かなり不思議な感じだし、グリップはかなり低い」とシャルル・ルクレールはコメント。

ピレリF1責任者、シャルル・ルクレールのパフォーマンスに感銘

2019年10月23日
ピレリF1責任者、シャルル・ルクレールのパフォーマンスに感銘
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2019年のシャルル・ルクレールのパフォーマンスに驚いていると語る。

昨年、ザウバー(現アルファロメオ)で印象的なデビューシーズンを送ったシャルル・ルクレール(21歳)は、キミ・ライコネンに代わって今年から史上2番目の若さで跳ね馬のドライバーを務めることになった。

ベッテル 「ルクレールが最も手強いチームメイトと言うのは時期尚早」

2019年10月21日
ベッテル 「ルクレールが最も手強いチームメイトと言うのは時期尚早」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールが最も手強いチームメイトだと断言するのはあまりに時期尚早だと語る。

今年からフェラーリに加入した2年目のシャルル・ルクレールだが、ドライバーズ選手権で4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを9ポイント上回っており、予選(両ドライバーがタイムを記録したグランプリ)でも9対6で勝っている。

「メルセデスでハミルトンとルクレールが組めば最強」とブリアトーレ

2019年10月18日
「メルセデスでハミルトンとルクレールが組めば最強」とブリアトーレ
フラビオ・ブリアトーレは、メルセデスF1チームでルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレールが組むことがF1で最高の組み合わせだろうと考えている。

シャルル・ルクレールは、F1でまだ2シーズン目だが、すでに多くの人々の間で大きな評判を得ており、フェラーリに移籍した今年はスパで初勝利を挙げ、フェラーリのホームレースであるイタリアでも優勝している。

ハッキネン、ウイング破損のルクレールを続行させたフェラーリを批判

2019年10月17日
ハッキネン、ウイング破損のルクレールを続行させたフェラーリを批判 / F1日本GP
元F1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、F1日本GPの決勝レースでフロントウイングを破損させたシャルル・ルクレールをすぐにピットインさせなかったフェラーリを批判。壊れたパーツによって“さらに酷い状況を引き起こした可能性がある”と語った。

F1日本GPのオープニングラップでシャルル・ルクレールはマックス・フェルスタッペンと接触してフロントウイングを破損。だが、ルクレールがマシンの状態は悪くないと伝えたことで、フェラーリはピットに入れずにレースを続行させた。
«Prev || ... 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム