バーニー・エクレストン 「チャンドックには時間を与えてあげよう」

2010年3月8日
カルン・チャンドック
バーニー・エクレストンは、カルン・チャンドックがF1に慣れて、スピードを得るために時間を与えてあげようとインドのプレスと市民に訴えた。

カルン・チャンドックは、土壇場でヒスパニア・レーシングのシートを獲得したが、プレシーズンテスト走行することなくバーレーンGPに挑む。

バーニー・エクレストンは、来シーズンに新たに開催するインドGPのために、カルン・チャンドックの登場を歓迎するが、非現実的な期待を抱くことについて警告している。

カルン・チャンドック 「ヒスパニアはポイント獲得も不可能ではない」

2010年3月7日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、ヒスパニア・レーシングが今年ポイントを獲得できると楽観視している。

ヒスパニア・レーシングは、先週の木曜日にムルシアでF1マシンを発表したが、来週のバーレーンでのシーズン開幕戦までテストすら行うことができない状況となっている。

カルン・チャンドックは、まずはライバルからの信頼を得なければならないと認めるが、第5戦スペインGPからは挑戦者として戦い、2010年中にポイントフィニッシュすることも不可能ではないと考えている。

カルン・チャンドック 「信じられない気分だ!」

2010年3月5日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、ヒスパニア・レーシングでF1デビューを果たすことへの喜びを語った。

2010年のF1開幕まで約一週間。カンポスを買収して誕生したヒスパニア・レーシングは、ブルーノ・セナのチームメイトとしてカルン・チャンドックを起用することを発表。カルン・チャンドックは、F1で2人目のインド人F1ドライバーとなる。

レースドライバーとしてヒスパニア・レーシングの体制発表会に参加したカルン・チャンドックは「本当に信じられない気分だよ!」と微笑んだ。

カルン・チャンドック、ヒスパニア・レーシングと契約

2010年3月4日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、ヒスパニア・レーシングのレースドライバーとして契約したことが正式発表された。

カルン・チャンドックは、ムルシアで開催されるヒスパニア・レーシングの体制発表会にレースドライバーとして参加する。

ヒスパニア・レーシングのチーム代表であるコリン・コレスは「本日、ムルシカ地域で我々のマシンカラーリングを正式公開できることを非常に思っている。またインド人のカルン・チャンドックによって最初のシーズンにクルマに乗るドライバーラインナップが揃った」とコメント。

カンポス、カルン・チャンドックと契約目前

2010年2月27日
カンポス カルン・チャンドック
カンポスのチーム代表であるコリン・コレスは、カルン・チャンドックとの2010年のレースドライバー契約が目前であるとの報道を認めた。

「我々は彼と契約をまとめる目前だ」とコリン・コレスはインドのBusiness Standard Motoringにコメント。

「だが、この件については数日後にもっとコメントすることができるだろう」

ステファンGP、カルン・チャンドックと契約か

2010年2月17日
ステファンGP カルン・チャンドックと契約?
ステファンGPが、カルン・チャンドックと契約したとMotorsport Aktuellが報じている。

ステファンGPは、2010年のF1参戦権を得られていないが、すでに中嶋一貴と契約しているとされている。

ケルンの元トヨタF1のファクトリーで設計されたステファンGPのマシン「S01」は、セルビアのナショナルカラーである赤に塗られており、来週のバルセロナテストに参加するとの噂もある。

カルン・チャンドック、フォース・インディアのテスト落選も納得

2009年11月25日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、フォース・インディアの12月の若手ドライバーテストに起用されなかったことに「落胆はしていない」と語る。

インド人のカルン・チャンドックとインド人の父親を持つニール・ヤニは、ヘレスで行われる若手テストにフォース・インディアから参加するとみられていた。

しかし、フォース・インディアは、ポール・ディ・レスタとJR.ヒルドブランロがテストに参加することを発表。フォース・インディアのビジェイ・マリヤ代表は、「国籍は主な選択基準ではない」と語り、ポール・ディ・レスタとJR.ヒルドブランロが2010年のフォース・インディアのテスト兼リザーブドライバーになる可能性を示唆している。

フォース・インディア、カルン・チャンドックとニール・ヤニを評価

2009年9月15日
カルン・チャンドック
フォース・インディアのチーム代表であるビジェイ・マリヤは、来週、カルン・チャンドックとニール・ヤニをマクラーレンのシミュレーターで評価することを明らかにした。

「カルは、息子のようなものだ。彼が少年のときから知っている。彼にチャンスを与えることができれな嬉しいね」とビジェイ・マリヤは語る。

「だが、彼は彼の能力を証明しなければならない。だから、私は彼をマクラーレンシミュレータに座らせて、何が出来るかを私に見せてくれと彼に話した。それに基づいて、さらに話をしていくことになる」

フォース・インディア カルン・チャンドックをシミュレーターでテスト

2009年9月10日
フォース・インディア カルン・チャンドック
フォース・インディアは、カルン・チャンドックにチームのドライビングシミュレーターでテストする機会を与えるが、ビジェイ・マリヤは、インド人ドライバーをF1グリッドに昇進させる必要には迫られていないと語る。

F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、フォース・インディアがフェラーリへ移籍したフィジケラの後任として、インド人GP2ドライバーであるカルン・チャンドックではなく、ヴィタントニオ・リウッツィを起用したことに“失望した”と語っていた。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム