カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、フォース・インディアの12月の若手ドライバーテストに起用されなかったことに「落胆はしていない」と語る。

インド人のカルン・チャンドックとインド人の父親を持つニール・ヤニは、ヘレスで行われる若手テストにフォース・インディアから参加するとみられていた。

しかし、フォース・インディアは、ポール・ディ・レスタとJR.ヒルドブランロがテストに参加することを発表。フォース・インディアのビジェイ・マリヤ代表は、「国籍は主な選択基準ではない」と語り、ポール・ディ・レスタとJR.ヒルドブランロが2010年のフォース・インディアのテスト兼リザーブドライバーになる可能性を示唆している。

カルン・チャンドックとニール・ヤニは、最近フォース・インディアでシミュレーターをテストを行っており、さらにカルン・チャンドックの父ビッキーとビジェイ・マリヤはインド・モータースポーツ・クラブ連盟の関係者であり親しい間柄だ。

カルン・チャンドックは、フォース・インディアのテストを逃したことに失望していないと語える。

「その件については話したし、僕はフォース・インディアのために何かをしたいと伝えた。でも、彼らが選んだのは他のドライバーだった。それが彼らの決断だし、落胆はしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | カルン・チャンドック