マルシャ 「ジュール・ビアンキのために順位を守る義理がある」

2014年10月14日
マルシャ
マルシャは、ジュール・ビアンキのためにコンストラクターズ9位の座を守ると決意を固めている。

マルシャは、F1モナコGPでジュール・ビアンキが9位入賞を果たし、チームに初ポイントをもたらした。現在、マルシャはノーポイントのザウバーとケータハムを押さえ、コンストラクターズ選手権で9位につけている。

FIA、ジュール・ビアンキの事故の詳細を公表

2014年10月12日
ジュール・ビアンキ
FIAは10日(金)、F1ロシアGPの開催地ソチで記者会見を開き、F1日本GPで発生したジュール・ビアンキの事故の詳細を公表した。

会見には、FIA会長のジャン・トッド、レースディレクターのチャーリー・ホワイティング、チーフメディカルオフィサーのジャン・シャルル・ピエット、メディカルレスキューコーディネーターのイアン・ロバーツが参加し、事故に関する質問と、事故発生後にFIAが取った手順についての質問に応じた。

ジュール・ビアンキの父親 「息子の容体に大きな変化はない」

2014年10月11日
ジュール・ビアンキ
鈴鹿での事故から5日が経ったが、ジュール・ビアンキの父は、息子の容体に大きな変化はないと明かした。

ジュール・ビアンキの父親フィリップは、F1界、そして、世界中からのサポートのメッセージが、家族の励みになっていると付け加えた。

「私はジュールが素敵な男の子だということはわかっていますが、本当に素晴らしいことですし、想像さえできないことでした」

ベルニュ、ジュール・ビアンキへのサポートを示すステッカーを用意

2014年10月9日
ジュール みんながついている
F1ドライバーは、今週末のF1ロシアGPで負傷したジュール・ビアンキへのサポートを示すステッカーをヘルメットに貼る。

フランスモータースポーツ連盟のモーガン・キャロンは、F1ドライバーのサポートを示すこの活動は、同じフランス人ドライバーであるジャン・エリック・ベルニュがイニシアティブをとって行われていると明かした。

ジュール・ビアンキの事故:なぜグリーンフラッグは振られていたのか?

2014年10月9日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキのF1日本GPの事故について motorsport.com が検証。クラッシュ時に振られていたグリーンフラッグについての考察を述べた。

YouTubeに投稿された観客の動画では、ジュール・ビアンキが、エイドリアン・スーティルのマシンを撤去しようとしている重機に衝突したことがはっきり確認することができる。

マックス・モズレー、ビアンキの事故は「誰も責められない」

2014年10月8日
ジュール・ビアンキ
元FIA会長のマックス・モズレーは、ジュール・ビアンキのクラッシュは“不慮の事故”だとし、レースオフィシャルは手順を正しく守ったと述べた。

マックス・モズレーは、1994年のアイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーの死を受け、F1の安全性向上に尽力してきた。

「鈴鹿で起きたことは非常に不運だった。不慮の事故だ。関係者は誰ひとりとして過失を犯していない」とマックス・モズレーは Sky Sports に述べた。

ジュール・ビアンキ、びまん性軸索損傷の診断

2014年10月8日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキの家族は、ジュール・ビアンキが“びまん性軸索損傷”であることを公表した。

四日市市にある三重県立総合医療センターに入院中のジュール・ビアンキについて、FIAは6日(月)に容体は「危篤状態だが安定している」と明かしていたが、翌7日(火)にはマルシャがジュール・ビアンキの家族代わって声明を発表、容体に関する情報を発表した。

【動画】 ジュール・ビアンキ、クラッシュの瞬間 ※閲覧注意

2014年10月7日
ジュール・ビアンキ クラッシュの瞬間
F1日本GPでのジュール・ビアンキのクラッシュの瞬間をとらえた動画がYouTubeに投稿されている。

ジュール・ビアンキは、43周目に同じ場所でクラッシュしたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去中のクレーンのリアにノーズから突っ込んだと伝えられているが、国際映像では、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングによって公開禁止の措置がとられた。

ジュール・ビアンキの容体 「危篤状態だが安定している」

2014年10月7日
ジュール・ビアンキ
FIAは、ジュール・ビアンキの容体について「危篤状態だが安定している」と伝えた。

F1日本GPでクラッシュし、頭部に重傷を負ったジュール・ビアンキは、意識不明の状態で救急車で鈴鹿サーキットから10km離れた三重県立総合医療センターに搬送された。

CTスキャンの結果は、ジュール・ビアンキは重症頭部外傷を負っていることが確認され、緊急手術が行われたあと、集中治療室に移された。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム