ジュール・ビアンキ、手術が完了して人工呼吸器を使用

2014年10月6日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは、F1日本GPでのクラッシュで頭部に外傷を負い、緊急手術を受けた後、集中治療室で危篤状態となっている。

ジュール・ビアンキは、意識不明の状態で鈴鹿サーキットから三重県内の病院に搬送され、夜に3時間に及ぶ手術を受けた。

L’EquipeBBC は、ジュール・ビアンキが自発呼吸をしていると報じたが、Sky Sports は、それら報道に反論。ビアンキは人工呼吸器を使用していると報じた。

ジュール・ビアンキの父親 「息子は危篤」

2014年10月6日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキの父フィリップは、フランス紙 L’Equipe の取材を受け、ジュール・ビアンキが危篤状態にあると語った。

F1日本GPの決勝レースでクレーン車両にクラッシュして頭部に深刻な外傷を負ったジュール・ビアンキは、意識不明のまま三重県内の総合病院に搬送され、緊急手術を受けた。

ジュール・ビアンキ、深刻な頭部外傷で緊急手術:FIA公式発表

2014年10月6日
ジュール・ビアンキ
FIAは、ジュール・ビアンキがF1日本GPの事故で頭部に深刻な外傷を負い、緊急手術を受けていることを発表した。

ジュール・ビアンキは、43周目に同じ場所でクラッシュしたエイドリアン・スーティルのマシンを撤去中のクレーンのリアにノーズから突っ込んだ。

マシンが撤去された後、ジュール・ビアンキは、鈴鹿サーキットのメディカルセンターに運ばれ、その後、意識不明のまま、三重県の総合病院へと救急車で搬送された。

ジュール・ビアンキ、頭部外傷で“深刻”な状態

2014年10月5日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは、F1日本GPの事故で頭部に“深刻”な外傷を負ったと報じられている。

報道では、ヘリコプターが飛べる状況ではなかったため、ジュール・ビアンキは救急車で病院に搬送されたとされている。

しかし、ジュール・ビアンキの頭部外傷を状態を見て、警察の護衛のもと、救急車で搬送されるとの判断が下されたと噂されている。

エイドリアン・スーティル 「ビアンキはクレーンの側面に突っ込んだ」

2014年10月5日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、F1日本GPでのジュール・ビアンキの目撃談を語った。

ジュール・ビアンキは、44周目にクレーン車両にクラッシュして、意識不明の状態で病院に搬送された。

この不運な事故は、1周前のエイドリアン・スーティルのクラッシュに連鎖して起こった。

ジュール・ビアンキ、クラッシュで意識不明の重体

2014年10月5日
ジュール・ビアンキ
F1日本GPの決勝レースでクラッシュしたジュール・ビアンキが意識不明の状態であることが明らかになった。

F1日本GPは、46周目にジュール・ビアンキ(マルシャ)のクラッシュにより、赤旗中断となり、そのままレースは終了。44周目のリザルトが適用された。

情報によると、ジュール・ビアンキは、コースオフしたエイドリアン・スーティル(ザウバー)のマシンを撤去していたクレーンに激突。メディカルカーが出動した。

ジュール・ビアンキ:F1シンガポールGP プレビュー

2014年9月17日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ジュール・ビアンキ (マルシャ)
「去年ここでの初めてのナイトレース経験は本当に楽しかった。雰囲気が本当に素晴らしいし、本当に並外れたエキサイティングなイベントだ。異なることをするのは楽しい。新しい制度に適応するために自分をプッシュすることは面白いチャレンジだし、本当に規律が求められる」

ジュール・ビアンキ 「2015年もマルシャに残留するかはわからない」

2014年9月16日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは2014年以降もマルシャに所属し続けるかどうかはわからないと明かした。

フェラーリのドライバー育成アカデミーの精鋭であるジュール・ビアンキは、昨シーズンにマルシャでF1デビューを果たして以降、印象的な走りを披露し続けている。

ジュール・ビアンキ、2015年のフェラーリ移籍の可能性を否定せず

2014年8月6日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは、2015年のフェラーリ移籍の可能性を否定していない。

シルバーストーンテストでは、負傷したキミ・ライコネンの代役としてフェラーリの作業を担当して印象的な走りを見せたジュール・ビアンキだが、フェラーリのレースシートは“来年のプランではない”と話していた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム