F1:ジュール・ビアンキの“カーナンバー17”を永久欠番に

2015年7月21日
ジュール・ビアンキ 永久欠番
FIAは、F1でジュール・ビアンキが使用していた“カーナンバー17”を永久欠番にすることを決定した。

ジュール・ビアンキは、昨年のF1日本GPでの事故で頭部に重傷を負い、9カ月の入院生活の後、17日(金)に25歳の若さで息を引き取った。

FIAは「FIA会長のジャン・トッドは、ジュール・ビアンキに敬意を表し、カーナンバー17をFIA フォーミュラ1世界選手権の永久欠番にすることを発表した」と声明で述べた。

ジュール・ビアンキ、将来はフェラーリ加入を約束されていた

2015年7月20日
ジュール・ビアンキ
フェラーリの元幹部の二人が、ジュール・ビアンキには将来のフェラーリシートが約束されていたことを明かした。

ジュール・ビアンキは、昨年のF1日本GPでの事故で頭部に重傷を負い、9カ月の入院生活の後、17日(金)に息を引き取った。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーだったジュール・ビアンキは、過去に何度もフェラーリのテストに参加しており、2014年にはF1イギリスGPで大クラッシュを喫したキミ・ライコネンに代わり、翌週に実施されたシルバーストンテストを担当している。

ジュール・ビアンキ、21日に故郷ニースで葬儀

2015年7月20日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキの葬儀が21日(火)、故郷ニースで行われることが発表された。

昨年10月のF1日本GPでの事故で重傷を負ったジュール・ビアンキは、17日(金)に25歳の若さでこの世を去った。

ジュール・ビアンキの家族は、ジュール・ビアンキの公式アカウントで7月21日(火)の午前10時(現地時間)からサン・レパラート大聖堂で葬儀を行うことを発表した。

マックス・チルトン、亡きジュール・ビアンキに捧げる初勝利

2015年7月19日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、インディ・ライツでの初ポールポジションに続き、見事に初優勝。ポール・トゥ・ウィンを亡くなった元チームメイトのジュール・ビアンキに捧げた。

昨年のF1日本GPでの事故で頭部に重傷を負ったジュール・ビアンキは、9ヵ月にわたって戦っていたが、17日(金)の夜にこの世を去った。

ジュール・ビアンキの死にF1界から哀悼の意

2015年7月19日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキが死去したとの知らせを受け、F1界から多くの哀悼のコメントが寄せられている。

昨年のF1日本GPで重傷を負ったジュール・ビアンキは、フランスの病院で治療を続けていたが、17日の夜に25歳という若さでこの世を去った。

この悲しいニュースを受け、Twitterなどを通して、F1チームや共に戦ったF1ドライバーを始めとするモータースポーツ界から多くのコメントが寄せられている。

フェラーリ 「さようなら、ジュール」

2015年7月18日
フェラーリ
フェラーリが、ジュール・ビアンキの訃報を受けて声明を発表した。

ジュール・ビアンキは、2009年末に発足したフェラーリ・ドライバー・アカデミーの最初の所属ドライバーとなり、若手ドライバーテストにフェラーリから参加してF1マシンで初走行。2011年にはフェラーリのテストドライバーに就任。将来のフェラーリドライバーを期待されるドライバーだった。

マノー・マルシャ 「ジュール・ビアンキのためにレースを続けていく」

2015年7月18日
ジュール・ビアンキ マルシャ
ジュール・ビアンキが亡くなったことを受け、昨年までの所属チームであるマノー・マルシャを代表してチーム代表のジョン・ブースのコメントが発表された。

ジュール・ビアンキは、2013年にマルシャでF1デビュー。2014年にはF1モナコGPで9位入賞を果たしてチームに初ポイントをもたらした。この結果によって、マルシャはコンストラクターズ選手権で9位を終え、2015年に大きな賞金を約束された。

フォース・インディア 「ジュールはチームに幸せをもたらす人物だった」

2015年7月18日
フォース・インディア
ジュール・ビアンキが2012年にサードドライバーを務めたフォース・インディアが、彼の訃報を受けてコメントを発表した。

下位カテゴリーで優秀な成績を収めたジュール・ビアンキは、2012年にフォース・インディアのリザーブドライバーに就任。同年のF1中国GPのフリー走行1回目にグランプリ週末デビューを果たしている。

ジュール・ビアンキが永眠、享年25歳

2015年7月18日
ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキが7月17日(金)夜、入院先の病院で永眠した。享年25歳。

8月3日に26歳の誕生日を迎えるはずだったジュール・ビアンキ。2014年のF1日本GP決勝レースに雨の降るトラックでコースアウトし、作業していた重機と衝突。重い脳外傷を負ったジュールビアンキは、三重の病院で治療を受けた後、今年初めに母国フランスの病院に転院していたが、意識が戻らず膠着状態が続いていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム