ジュール・ビアンキ 事故
FIAは、ジュール・ビアンキの事故についての調査を行う“事故調査委員会”を発足。F1各チームに対し、情報を提供するよう依頼した。

マルシャは、事故の責任がドライバーにあったと示唆するかのような一部報道に怒りの反論をしたばかり。

FIAのモータースポーツ事務局長を務めるジャン・ルイ・バレンティンは、全F1チームの代表に対してEメールを送り、事故調査委員会についての説明を行った。

FIAは、F1チームに対し、「このアクシデントの状況に関して持っている全ての情報を提供し、事故調査委員会にとって重要となり得る全ての文書、証拠と関係情報を保存する」よう求めている。

Sport Bild は、マルシャが、クラッシュの直前にライバルに対抗するためにジュール・ビアンキにスピードアップを指示していたと報じ、物議を醸した。

また、マルシャは、ジュール・ビアンキがダブルイエローフラッグが振られる中で減速しなかったとの主張についても強く否定している。

しかし、Sport Bild は、FIAの公式文書に基づくものとして、事故当時のスピードに関するさらなる情報を出した。

文書の存在について質問されたFIAスポークスマンのマッテオ・ボンチアーニは「ジュール・ビアンキの事故に関連する全ての情報は、鈴鹿でレースディレクターのチャーリー・ホワイティングに報告されています」と述べた。

また、マッテオ・ボンチアーニは、当初 Sport Bild が報じたマルシャからビアンキへの無線での指示の存在についても名言しなかった。

「これ(推測についてコメントしないこと)は、FIAの大原則です。ビアンキのケースにおいては特にです」とマッテオ・ボンチアーニは主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジュール・ビアンキ / FIA