ジュール・ビアンキ 永久欠番
FIAは、F1でジュール・ビアンキが使用していた“カーナンバー17”を永久欠番にすることを決定した。

ジュール・ビアンキは、昨年のF1日本GPでの事故で頭部に重傷を負い、9カ月の入院生活の後、17日(金)に25歳の若さで息を引き取った。

FIAは「FIA会長のジャン・トッドは、ジュール・ビアンキに敬意を表し、カーナンバー17をFIA フォーミュラ1世界選手権の永久欠番にすることを発表した」と声明で述べた。

「現在、F1のカーナンバーは、各ドライバーによって個人的に選択されており、FIAはジュール・ビアンキのナンバー17を永久欠番にすることが適切な行為だと考えている」

「その結果、今後このナンバーがFIA フォーミュラ1世界選手権に参戦するクルマに使われることはない」

関連:ジュール・ビアンキが永眠、享年25歳


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジュール・ビアンキ / FIA