アルファロメオF1 「最後の最後まで戦うことの重要性を示した」

2023年4月4日
アルファロメオF1 「最後の最後まで戦うことの重要性を示した」
アルファロメオF1は、2023年F1オーストラリアGPの決勝で、周冠宇が9位、バルテリ・ボッタスが11位だった。

ボッタスは、セーフティカー先導のもとで行った早めのピットストップが赤旗に阻まれ、最後尾まで後退してしまうという厳しい状況だった。周はそれほど離れてはいなかったが、混乱の中で2台とも順位を上げていった。

ウィリアムズF1 「ポイントに繋がらなかったがクルマは非常にうまく機能」

2023年4月4日
ウィリアムズF1 「ポイントに繋がらなかったがクルマは非常にうまく機能」
ウィリアムズ・レーシングは、2023年F1オーストラリアGPで、ローガン・サージェント、アレクサンダー・アルボンともにリタイアでレースを終えた。

アルボンはスタートで順位を上げ、6番手から好レースを展開するかに見えた。しかし、序盤にリアを失ってスピンオフし、セーフティカーが導入され、さらにコース上の砂利のために赤旗が提示された。

ルイス・ハミルトン、F1参戦全シーズン表彰台獲得記録を更新

2023年4月4日
ルイス・ハミルトン、F1参戦全シーズン表彰台獲得記録を更新
ルイス・ハミルトンは、バーレーン、サウジアラビアと、2023年シーズン開幕戦から厳しい戦いを強いられてきたが、オーストラリアで好転した。

7度のワールドチャンピオンであるハミルトンは、2位でレースを終え、今季初の表彰台を獲得した。また、このレースでメルセデスは2023年最初のトップ3フィニッシュを達成した。

2023年 F1オーストラリアGP 決勝:タイヤ戦略解説

2023年4月4日
2023年 F1オーストラリアGP 決勝:タイヤ戦略解説
2023年 F1 第3戦 オーストラリアGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がオーストラリアGPで自身初となる優勝を飾った。アクション満載のレースで、現役のワールドチャンピオンは他のふたりのワールドチャンピオンを率いてチェッカーフラッグを受けた。

ハースF1のヒュルケンベルグ、アルボンのクラッシュ回避で「あやうく脱糞」

2023年4月4日
ハースF1のヒュルケンベルグ、アルボンのクラッシュ回避で「あやうく脱糞」
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1オーストラリアGPでアレックス・アルボンのクラッシュしたマシンを危うく避けたとき、「コードブラウン(脱糞しそう)」の瞬間があったと語った。

アルボンは6位を走っていたが、高速でスピンしてバリアにぶつかり、損傷したマシンはコースの端に向かってロールバックした。

F1オーストラリアGP:マシンから飛び散った破片でファンが負傷

2023年4月4日
F1オーストラリアGP:マシンから飛び散った破片でファンが負傷
アルバート・パークで開催されたF1オーストラリアGPで、ハースF1チームのケビン・マグヌッセンのマシンから飛んできた破片が観客の腕に当たり、F1ファンが軽傷を負った。

ウィル・スウィートはターン2からすぐの丘に婚約者と一緒に立っていたが、マグヌッセンが壁に激突し、ハースVF-23のタイヤが千切れて破片が飛び散り、ファンの腕に当たり、切り傷を負った。

2023年 F1オーストラリアGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2023年4月3日
2023年 F1オーストラリアGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2023年 第3戦 F1オーストラリアGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

3度の赤旗でカオスと化したレースを制したのはポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。2位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季初表彰台、3位には開幕から3戦連続でフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)が入った。

2023年 F1オーストラリアGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2023年4月3日
2023年 F1オーストラリアGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2023年 第3戦 F1オーストラリアGPの決勝で11位からリタイアしたドライバーのコメント。

オープニングラップのシャルル・ルクレール(フェラーリ)のリタイアに始まり、赤旗後の混乱など多くのインシデントが発生したレースは8台がリタイアするカオスと化した。カルロス・サインツ(フェラーリ)は4位でフィニッシュしたが、5秒ペナルティで完走中最下位の12位に分類された。

マックス・フェルスタッペン、F1グリッドボックス違反をギリギリで回避

2023年4月3日
マックス・フェルスタッペン、F1グリッドボックス違反をギリギリで回避
マックス・フェルスタッペンは、F1オーストラリアGPの2回目の赤旗リスタートでルール違反と非難されたが、彼の動きは完全に合法だった。

当初、フェルスタッペンは微妙な動きでレッドブルのF1マシンをグリッドポジションの外に出し、フィニッシュまでの最後のダッシュでライバルたちよりも不当に有利なスタートを切ったのだと考えられていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム