メルセデスF1、ハミルトンの車の追加のセンサーから価値ある情報

2022年4月18日
メルセデスF1、ハミルトンの車の追加のセンサーから価値ある情報
メルセデスF1は、オーストラリアGPでルイス・ハミルトンの車にデータセンサーを搭載したことは、余分な重要が追加された以上の価値があると考えている。

2022年のバーレーンとサウジアラビアの開幕2戦では、メルセデスF1が“オーバーウエイト”と認めるW13の負荷を軽減する方法として、ルイス・ハミルトンの車にはセンサーが搭載されなかった。

F1分析:レッドブル、フェラーリに完敗した“スイートスポットの狭さ”

2022年4月18日
F1分析:レッドブル、フェラーリに完敗した“スイートスポットの狭さ”
レッドブル・レーシングは、F1オーストラリアGPでフェラーリに完敗を喫した。その要因は路面の進化への対応とそれに伴うRB18の“スイートスポットの狭さ”にあるとF1ジャーナリストのマーク・ヒューズは分析する。

F1オーストラリアGPでは、フェラーリのシャルル・ルクレールが、ポールポジション、全ラップをリード、ファステストラップ、優勝と自身初のグランドスラムを達成する完全勝利で今季2勝目を挙げた。

F1オーストラリアGP:2022年は初開催時を超える最大の観客動員数

2022年4月15日
F1オーストラリアGP:2022年は初開催時を超える最大の観客動員数
2022年のF1オーストラリアGPは、1996年の初開催以来、最多となる観客動員数を記録。主催者のオーストラリアグランプリ・コーポレーションの最高経営責任者であるアンドリュー・ウェスタコットは、今年の成功は2023年のイベントの準備のためのベースラインを提供したと語る。

2020年の開幕直前に新型コロナウイルスのパンデミックでキャンセルったことで、3年ぶりの開催となったF1オーストラリアGPは、F1が新しいファン層にアピールしていることとと相まって、新たな有望な章を開いた。

レッドブルF1代表、オーストラリアGPでのセットアップの誤算を認める

2022年4月15日
レッドブルF1代表、オーストラリアGPでのセットアップの誤算を認める
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1オーストラリアGPの週末にレッドブルがフェラーリに対してペースを掻いていた理由についてセットアップにミスがあったことを認めた。

F1オーストラリアGPでは、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールが、ポールポジションから全ラップをリードし、ファステストラップも記録する“グランドスラム”を達成して、2位のセルジオ・ペレスに20秒以上の差をつける完全勝利で今季2勝目を挙げた。

レッドブルF1首脳 「メルボルンのペレスはフェルスタッペンと同等だった」

2022年4月14日
レッドブルF1首脳 「メルボルンのペレスはフェルスタッペンと同等だった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オーストラリアGPでのセルジオ・ペレスのパフォーマンスを称賛した。

セルジオ・ペレスは2位でレースを終え、2022年シーズンで最初の表彰台を獲得した。チームメイトのマックス・フェルスタッペンに次ぐ3番グリッドからスタートしたペレースは、オープニングラップでルイス・ハミルトンに抜かれてしまう。

レッドブルF1、フェルスタッペンのDNFは「複雑な燃料システムの問題」

2022年4月14日
レッドブルF1、フェルスタッペンのDNFは「複雑な燃料システムの問題」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オーストラリアGPでマックス・フェルスタッペンをリタイアに追い込んだのは再び燃料システムの問題だったことを確認した。

マックス・フェルスタッペンは、F1オーストラリアGPでフェラーリのシャルル・ルクレールで2位でフィニッシュできる可能性が高かったが、残り20周でエンジンはシャットダウンした。

F1動画:セバスチャン・ベッテルと中嶋一貴のクラッシュが完全一致

2022年4月12日
F1動画:セバスチャン・ベッテルと中嶋一貴のクラッシュが完全一致 / F1オーストラリアGP
F1公式SNSが、2022年F1オーストラリアGPでのセバスチャン・ベッテルのクラッシュと中嶋一貴の同じ場所でのクラッシュを比較する動画を投稿して賛否を呼んでいる。

新型コロナウイルスから回復して2022年初レースとなったセバスチャン・ベッテルだったが、フリー走行からマシントラブルとクラッシュによって走行時間を失い、決勝でもアストンマーティF1の新車AMR22を乗りこなせず、ターン4で単独クラッシュを喫してリタイアした。

F1:角田裕毅とシューマッハのセーフティカー時の一件で注意勧告

2022年4月12日
F1:角田裕毅とシューマッハのセーフティカー時の一件で注意勧告
F1は、オーストラリアGPでのセーフティカー期間中にミック・シューマッハが角田裕毅への追突を回避するために左に曲がらなかければならなかった件を受け、ドライバーブリーフィングで話し合うとした。

通常、セーフティカー期間中にドライバーはリスタートに備えてタイヤに熱を入れるために急ブレーキと急加速を繰り返す。

F1:マーティン・ブランドル「ラッセルの表彰台は決して運だけではない」

2022年4月12日
F1:マーティン・ブランドル「ラッセルの表彰台は決して運だけではない」
ジョージ・ラッセルのF1オーストラリアGPでのメルセデスF1移籍後の初表彰台はセーフティカーが助けになったのは確かだが、元F1ドライバーで解説者に刊行したマーティン・ブランドルは、決して運だけで手にした表彰台ではないと称賛する。

予選で6番手タイムを記録し、5番グリッドのチームメイトのルイス・ハミルトンと3列目からスタートしたジョージ・ラッセルは、第1スティントを延ばしていた際にセーフティカーのタイミングで運に恵まれ、セルジオ・ペレスとルイス・ハミルトンの前で3番手を維持することができた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム