メルセデスF1、ジョージ・ラッセルを首位からピットインさせた判断を擁護

2023年4月7日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルを首位からピットインさせた判断を擁護
メルセデスF1は、オーストラリアGPで、その直後に赤旗が提示され、せっかく得たアドバンテージを失ってしまったにもかかわらず、セーフティカー導入時に首位を走行していたジョージ・ラッセルをピットインさせたのは正しい判断だったと確信しているようが、

ジョージ・ラッセルは、7周目にアレクサンダー・アルボンのクラッシュによりセーフティカーが導入されたことに反応してピットインし、首位を明け渡した。

ジャン・アレジ、オーストラリアGPでのF1レースディレクターの対応を擁護

2023年4月7日
元F1ドライバーのジャン・アレジ、オーストラリアGPでのF1レースディレクターの対応を擁護
元F1ドライバーのジャン・アレジが、トレンドに逆らい、FIAレースディレクターのニールス・ウィッティヒのオーストラリアGPでの対応について擁護した。

先週末に行われたオーストラリアGPの茶番劇を、複数のドライバーやメディアが酷評し、赤旗や再スタートはスポーツよりも 「ショー」を優先したものだと主張している。

フェラーリF1、サインツのオーストラリアGPのペナルティの再検討を要求

2023年4月7日
フェラーリF1、サインツのオーストラリアGPのペナルティの再検討を要求
スクーデリア・フェラーリは、F1オーストラリアGPでのカルロス・サインツのペナルティに異議を申し立て、再検討を要求した。

カルロス・サインツは、2回目の赤旗後の混乱した再スタートでフェルナンド・アロンソと衝突を引き起こしたとして、スチュワードから5秒のペナルティが科された。

ニコ・ヒュルケンベルグ、F1オーストラリアGPは「ル・マンを思い出した」

2023年4月6日
ニコ・ヒュルケンベルグ、F1オーストラリアGPは「ル・マンを思い出した」
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1オーストラリアGPでハースF1チームのVF-23に乗っていた時間の長さから、ル・マンを思い出したと語った。

F1ドライバーは赤旗中断中にクルマを離れることが許されているが、ヒュルケンベルグはアルバート・パークで何度も中断される間、VF-23に乗ったままだった。

セルジオ・ペレス、F1オーストラリアGP後半の低い太陽は「危険だった」

2023年4月6日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス、F1オーストラリアGP後半の低い太陽は「危険だった」
レッドブルF1のセルジオ・ペレスは、F1オーストラリアGPの終盤は太陽が低く、F1ドライバーにとって視界が悪く、「危険」だったと述べた。

赤旗の遅延により、最後の再スタートはレースが実行されると予想されていたよりもはるかに遅い時間に行われた。そのためか、1周目のアクシデントが連鎖し、最終的に赤旗が提示された。ペレスがタイヤが冷えていたことも要因に挙げている。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはリードを奪われた序盤に忍耐を示した」

2023年4月6日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはリードを奪われた序盤に忍耐を示した」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1オーストラリアGPの1周目にメルセデスの両ドライバーに抜かれたマックス・フェルスタッペンが「素晴らしい忍耐力」を発揮したと語った。

ポールマンのフェルスタッペンは、最初のスタートでジョージ・ラッセルに抜かれ、さらにターン3でハミルトンがインから「ミサイル」を放ってアグレッシブにパスしたことで順位を下げた。

2023年F1オーストラリアGP:3回の赤旗が提示されたレースはF1史上初

2023年4月5日
2023年F1オーストラリアGP:3回の赤旗が提示されたレースはF1史上初
FACTS AND STATS:F1オーストラリアGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、オーストラリアの地で初優勝を飾り、アイルトン・セナの表彰台獲得数に並んだ。だが、日曜日、メルボルンのアルバート・パークでは、他にも多くのドラマが繰り広げられた。

● 2023年F1オーストラリアGPは、F1史上初めて3回の赤旗が提示されたレースとなった。

アルファタウリF1の角田裕毅 「赤旗がなければ僕は5位だった」

2023年4月5日
アルファタウリF1の角田裕毅 「赤旗がなければ僕は5位だった」
角田裕毅は、2022年のF1アブダビGPを含む過去3戦を11位で終えていた。日曜日のオーストラリアGPでも、同一順位での連続完走の新記録を樹立するのではないかと思われる場面もあった。しかし、その後、カルロス・サインツのペナルティで10位まで順位を上げ、今季初ポイントを獲得した。

F1チーム代表のなかにはオーストラリアGPのレース運営を擁護する声も

2023年4月5日
F1チーム代表のなかにはオーストラリアGPのレース運営を擁護する声も
F1のレースディレクターであるニールス・ウィッティヒが、F1オーストラリアGPの混乱と物議を醸したことを受けて、3人のF1チーム代表が擁護した。

メディアや多くのドライバーは、赤旗や再スタートなどの疑惑を繰り返した日曜日のメルボルンGPのレース運営を酷評した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム