レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2023年にコルトン・ハータをアルファタウリに乗せるという計画を打ち切った理由について語った。

FIAとF1チームの大部分は、インディカーのスター選手であるコルトン・ハータが2023年にアルファタウリと契約できるように、厳格なF1スーパーライセンスシステムの免除を認めることに反対した。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、話はそれよりもさらに複雑だと語る。

「アンドレッティは、彼がそこ(インディカー)にとどまるようにハータへのオファーを増やした」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

また、ヘルムート・マルコはコルトン・ハータとマクラーレンとの関係も複雑だと語った。

「彼が我々のところに来ることを望むなら、マクラーレンとアンドレッティ自身への義務を調整しなければならない」とヘルムート・マルコは主張した。

しかし、最大のハードルはF1スーパーライセンスが取得できないことだった。コルトン・ハータは、F1への転向をまだ諦めてはないが、彼に代わってレッドブルのターゲットとなったニック・デ・フリースのようなドライバーが先に F1に転向することを恨んではないと語る。

「彼はすでに27~28歳だけど、モンツァでの活躍で多くの注目を集めた」と22 歳のコルトン・ハータは語った。

「チャンスが来たら、それを掴まなければならないことを証明している。彼はそれを実現したわけだし、すべて彼の功績だ」

また、コルトン・ハータは、インディカーでやり残したことがあることも認めている。

「僕たち、そして、僕には改善しなければならないことがいくつかある」とコルトン・ハータは語った。

「僕はまだ完全にチャンピオンシップに値するドライバーではない。少なくとも今年はそうではなかった」

とはいえ、コルトン・ハータはF1転向のチャンスはまだ先にあると考えている。

「マイケル(アンドレッティ)は僕をF1に引き入れたいと思っているし、それは短命のオファーではない」とコルトン・ハータは明かした。

「今後数年間で、誰かが販売したい場合や新しいメーカーが参入する場合など、いくつかのオプションが追加される可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / インディカー / アンドレッティ / コルトン・ハータ