フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った
マクラーレンF1チームの元メカニックであるマーク・プリーストリーは、フェルナンド・アロンソが現金でいっぱいの茶封筒を配ったことがあるので、ルイス・ハミルトンよりも彼のガレージにいることが好ましかったと主張した。

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソがチームメイトだったのはわずか1年間だけだったが、そのパートナーシップはお互いを苛立たせた。

ルイス・ハミルトンはルーキーとしてのF1初参戦であり、フェルナンド・アロンソは2回のワールド チャンピオンとして確立していたことで、将来の7度のワールドチャンピオンであるハイルトンは、アロンソに次ぐ役割を果たすと期待されていたが、実際にはそうではないことがすぐに証明された。

フェルナンド・アロンソがF1ハンガリーGPでの予選でのルイス・ハミルトンのアタックを遅らせるために意図的にピットを離れなかったときに、二人の亀裂は最高潮に達した。

だが、汚い戦術はコース上だけに限定されていなかったことが明らかになった。

マクラーレンのメカニックからメディアマンに転身したマーク・プリーストリーは、かつてフェルナンド・アロンソから1,500 ユーロ(約21万円)が入った茶封筒を手渡されたとPitStopに語った。

「フェルナンドの戦術の 1 つは、チーム全体をガレージの彼の側に引き寄せることだ。彼はコントロールと格闘しようとする」と45歳のマーク・プレーストリーは語った。

「2007年に、フェルナンドがレースに現れ、私が到着したとき、フェルナンドのマネージャーか彼のトレーナーがルイスの車に乗っていなかったすべての人に現金を詰めた小さな茶色の封筒を配っていた」

「彼のチーム、サポートチーム、私は T カー チームを運営していたが、我々全員がその小さな茶色の封筒を受け取り、封筒を開けたのを覚えている。そこには 1,500 ユーロくらい入っていた」

「それは非常に危険だった。まずは何も書かれていない茶色の封筒を受け取った。『それはどうもありがとう。これはなんだ?』という感じだった。トレーナーはがこっそりそれを開くと、文字通り現金でいっぱいだった」

「周りを見回し始め、同僚は皆、『開けたか?いくら入っていた?』と聞き始めた。そして、突然、これがチーム全体に広がり始め、それを理解できていなかったのはルイスのクルーだちだけだった」

「突然、ここで何が起こったのかが明らかになり始めた。彼はサポートを得ようとしていた。たとえば、人々がこの激しい戦いの中で彼の側をサポートするように働きかけていた」

だが、マクラーレンF1チームがそれを発見し、受取人に現金を慈善団体に寄付させたため、この戦術は失敗した。

「巧妙な戦術だったと言うこともできるが、最終的にチームがそれを発見し、全額を慈善団体に寄付させた。これは問題なかった、それは 2 つの異なる考え方への少しの洞察だった」

「ルイスもさまざまなことをした。ルイスはメディアと少しゲームをしていた。彼らは皆、間違ったも、正しいこともしていた。我々の誰もが完璧ではないが、最高のF1ドライバーになるための戦略をどのように実行したかは異なっていた。二人とも素晴らしい結果を達成した。独自の方法であり、それらは非常に異なるアプローチだった」

F1のベテランとなったルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソ、今ではより良い友達のように見える。アロンソはスパでクラッシュした後、無線でハミルトンを非難したが、ハミルトンからサイン入りのメルセデス キャップを受け取って仲直りする写真を撮らせている。

フェルナンド・アロンソ ルイス・ハミルトン マクラーレン (2007年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / ルイス・ハミルトン