レッドブルF1 「フェラーリはモンツァに賭けて他のレースを犠牲にした」
レッドブル・レーシングのF1チーフエンジニアであるポール・モナハンは、フェラーリが他のレースを犠牲にしてモンツァを優先した可能性があると考えている。

もちろん、それによってスクーデリア・フェラーリが望んでいたことが実現できたわけではない。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、フェラーリの聖地であるモンツァでシーズン11勝目を果たした。

フェラーリは、イタリアグランプリでコンストラクターとしての75周年を祝っていた。ドライバーのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツのレーシングスーツを含む特別なイエローのカラーリングとチームウェアで臨んでいた。

マラネロの大物が全員出席し、議事を注意深く見守っていた週末だった。チーム代表のマッティア・ビノットは、今シーズン手放した勝利によって引き起こされた痛みの一部を緩和するために勝利を目指していた。

しかし、最終的に、ポール ポジションを獲得したシャルル・ルクレールは、エンジン関連のグリッドペナルティによって7番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンのペースに歯が立たなかった。

ポール・モナハンは、フェラーリがホームでの勝利に全てを賭けていた可能性があると考えている。

フェラーリよりもレッドブルに適していると予想されるモンツァ・サーキットでの予選で、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンを上回った理由について質問されたポール・モナハンは「私がどう思うかは問題ではない。 事実に基づいた答えが欲しいなら、隣人(フェラーリ)に聞くのが一番だ」とMotorsport-total.comに応えた。

しかし、54歳のポール・モナハンはその後、彼自身の「憶測」よして次のように述べた。

「隣人(フェラーリ)は、その歴史と地理的状況のため、モンツァでのこの1つのレースにもう少し投資しているのではないかと思う」

「彼らは開発でリソースを非常に賢明に使用した、もしくは1 つのレースに賭けていた」

別の可能性のある理論は、フェラーリがシャルル・ルクレールの車のエンジン出力を上げ、ティフォシと会長のジョン・エルカンなどの会社のトップブラスの前で勝利を祝うために、そのパワーユニットの寿命を潜在的に短縮する準備をしていたというものだった。

「エンジンを少し上げたいのなら、彼にはそれができる」とポール・モナハンは付け加えた。

フェラーリは現在、コンストラクターズ チャンピオンシップでレッドブルに139ポイント差をつけられており、3 位のメルセデスから35ポイント差に迫られている。

シャルル・ルクレールとチームメイトのカルロス・サインツはドライバーズランキングでそれぞれ2位と5位であり、フェルスタッペンが116ポイント差で首位に立っており、すべてが順調に進めば、次回シンガポールでタイトルを獲得する可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / F1イタリアGP