レッドブルF1代表 「ピアストリと育成契約を結ばなかったことを後悔」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、数年前にオスカー・ピアストリと育成ドライバー契約を結ぶするチャンスを逃していたことを明らかにし、それを「後悔している」と述べた。

現F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、過去数週間、マクラーレンとアルピーヌF1チームが関与した契約物語の中心にいたが、FIAの契約承認委員会の裁定により、2023年に年マクラーレンでF1デビューを果たすことが決定した。

オスカー・ピアストリは、アルピーヌのアカデミーの一員としてジュニアランクを駆け上がったが、チームは2023年のF1ドライブに関して彼と有効な契約を結んでいないことが判明した。

この夏、F1で最大の話題となったのはこの物語について、クリスチャン・ホーナーは以前、オスカー・ピアストリがアルピーヌF1チームとの確固たるドライブを持っていないのは「何かがおかしい」と述べていた。

F1のBeyond the Gridポッドキャストの最新エピソードで、クリスチャン・ホーナーは、オスカー・ピアストリの状況についてコメントするのは「難しい」と述べたが、彼がレッドブルの傘下にいたら、契約は完全なものだっただろうと語った。実際、数年前にピアストリがF3に移行する前にそのチャンスがあったと明かした。

「彼はF4とフォーミュラ・ルノーでアーデン・チームをドライブし、明らかに重要な才能を持っていた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「当時、レッドブルが彼を検討する機会があったが、我々はそのオプションを採用しなかった。それは私が後悔していることだ。しかし、F3とF2で彼が成し遂げたことは驚異的だ」

「もし彼がここでドライバーだったとしたら、彼が一定期間鍵をかけられていないことなどあり得ない。さっきも言ったように、私は当事者ではなかった。何が約束され、何を破棄したかなどを判断するのは困難だ」

「しかし、おそらくいくつかの分野で予想外だったのは確かだ」

オスカー・ピアストリは、2017年から2018 年にかけて、クリスチャン・ホーナーによって設立されたジュニア チームであるアーデンで、イギリスの F4 とフォーミュラ・ルノー・ユーロカップでレースをしていた。彼は最終的に、F3 と F2 で連続してタイトルを獲得する前に、2020 年の初めにルノーのアカデミーに参加した。

クリスチャン・ホーナーは、フェルナンド・アロンソが 2023 年にアルピーヌF1チームを離れてアストンマーティンに移籍するという決定の影響が「波紋を生み、現在はレッドブルの姉妹チームであるアルファタウリを含む多数のシートに広がっている」と語った。

2023年にオスカー・ピアストリを維持するための契約訴訟を失った後、アルピーヌF1チームは現在のアルファタウリのドライバーであるピエール・ガスリーとの契約に注意を向けた。

レッドブルは、代役ドライバーがラインナップされた場合にのみ、ピエール・ガスリーのリリースに同意する。

FIA(国際自動車連盟)がF1スーパーライセンスの免除を拒否したため、インディカードライバーのコルトン・ハータと契約する計画は打ち切られた、現在、ニック・デ・フリースがアルファタウリのシートの候補として浮上している。

レッドブルが2023年のF1昇格のために既存の若いドライバーを検討しているとは考えられていないが、クリスチャン・ホーナーはレッドブルのジュニアプログラムはまだ良好な状態にあると感じている。

「私たちは若者への投資を続けている。このプログラムには、カートからF4 へのステップアップまで、素晴らしい若者がいる」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「レッドブルは、子供たちにチャンスを与え、若い才能に投資し、他の方法では得られなかった機会を与えて、とてもうまくやっていると思う」

「今年のF3のアイザック・ハジャールは素晴らしいデビューシーズンを過ごした。F2の岩佐歩夢は、私にとって際立ったドライバーだったと思う。彼らは、プログラムに参加している 2 人にすぎない」

「リアム・ローソンは厳しい年を過ごしたが、彼は再び別の才能を発揮した。デニス・ハウガーは、F3で支配的な年を過ごした後、F2で少し圧倒された。だが、繰り返しになりますが、そのどれくらいが彼で、どれくらいが装備によるものだろうか?」

レッドブル・レーシング F1 クリスチャン・ホーナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / オスカー・ピアストリ