アルピーヌF1、新型フロア投入で「ダウンフォースの大幅なステップ」
アルピーヌF1チームは、次戦F1シンガポールGPでA522に投入する「ダウンフォースの大幅なステップ」を果たす新しいフロアから恩恵を受けると語る。

このアップデートは、マクラーレンとわずか18ポイント差でコンストラクターズランキング4位を争ってシーズン最終段階に向かうアルピーヌF1チームにとってタイムリーな展開となるだろう。

アルピーヌF1チームがダブルリタイアに終わった前戦F1イタリアGPで、マクラーレンは、ランド・ノリスの7位入賞のおかげで赤字の一部を取り戻した。

しかし、アルピーヌF1チームのスポーティングディレクターを務めるアラン・パーメインは、“スピードの殿堂”モンツァでのチームの地味なパフォーマンスは一回限りのものであると主張し、次戦シンガポールでは序列の属する場所に戻ると主張した.

「100%異常値であることは確かだ」とアラン・パーメインはコメントした。

「我々はシンガポールに向けて、ダウンフォースが大幅に増加した新しいフロアが用意している」

「我々はあるべき場所に戻るだろうし、特にこのクルマで鈴鹿を走ることを本当に楽しみにしている。楽しくなるだろう」

しかし、アラン・パーメインは、モンツァでのアルピーヌF1チームの相対的なパフォーマンスにいくらか窮地に陥っていたことを認めた。

「苦戦するとは思っていなかった。大丈夫だろうと思っていた」とアラン・パーメインはコメント。

「我々は金曜日に完全にうまく走ったが、それが難しいことであり、我々が理解していないことだ」

「DRSなしでロングランをしたが、ドラッグをフルに使って、問題ないように見えた。マクラーレンよりも速く、我々がレースをしているすべての人よりも速かった」

「確かに上位3台ほど速くはなかったが、大きなドラマがあったようには見えなかった」

「我々は間違いなくドラッグ的に少し高かったが、それがここで最速の方法であると考えていた。そこが我々ががレースした場所だ」

イタリアでは、エステバン・オコンが、シンガポールでバンピーな性質によるグラウンドエフェクトカーとドライバーへの影響について懸念を表明していた。

しかし、アラン・パーメンンはその心配を軽視してる」

「バンシングが恐ろしいと彼が言ったことには驚いた。なぜなら、一般的にそれは高速での現象であり、あそこには実際には多くの高速がないからだ」とアラン・パーメントは語った。

「彼らにとってフィジカル的には非常に厳しいものになると確信している。長いレースだし、暑いレースだが、カレンダーに載って以来ずっとそうだ。それがさらに難しいものになるかどうかは分からないがね」

「マシンはかなり固いので、少し難しくなると思う。彼らにとっては長くフィジカルなレースになるだろうが、彼らはフィットしているので問題ないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / F1シンガポールGP