レッドブルF1 「サイドポッドコンセプトはパズルの一部にすぎない」
メルセデスF1チームは、2023年F1マシン『W14』の基本的な“コンセプト”を決定するプロセスを進めている。

2023年F1マシンの“コンセプト”は、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンにとって特に懸念事項であり、彼が新しいチームメイトのジョージ・ラッセルよりも現在のシングルシーターに苦しんでいるのはほぼ間違いない事実だ。

「開発は非常に迅速に行われおり、今は来年のクルマに何を求めているかを表現することに集中している」とルイス・ハミルトンは語った。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームのデザイナーは、ブレーキ、フロントサスペンション、ギアボックスのレイアウトなど車の主要コンポーネントをすでに決定していると語った。

しかし、メルセデスF1チームの革新的な「ノーサイドポッド」のアイデアは、より競争力のあるフェラーリとレッドブルに追随されず、ベーシックな空力コンセプトはまだ勝利に届いていない。

「最速の車とは、最高のコンセプトを備えた車であると常に言われている」とメルセデスF1チームのエンジニアリング責任者を務めるアンドリュー ショブリンは語る。

「今日現在、それはレッドブルだ」

「それが来年のどこに進むのかを言うのは難しい。そして、我々はチームとして、私たちの車がどのように見えるかをフィックスさせていないのは確かだ」

「我々はまださまざまなコンセプトを模索しており、そのプロセスはしばらく続くだろう」とアンドリュー・ショブリンは付け加えた.

しかし、レッドブルのテクニカル ディレクターであるピエール・ワシェは、メルセデスF1チームが追いつくには、単に支配的な車のサイドポッドコンセプトをコピーするでは実現しないだろうと警告した。

「それが最良のコンセプトか最悪のコンセプトかはわかりません。パズルの一部にすぎないと思う」とピエール・ワシェは語った。

「あるコンセプトに基づいて車を開発してから変更するとその利点を見つけるのが難しくなるのは確かだ」

一般的に、ほとんどのインサイダーは、今年施行されたまったく新しい「グラウンドエフェクト」規制がホイール・ツー・ホイールのレースを改善したことに同意している。

しかし、フィールドをより拮抗させるという目標に関しては、まだ実現していない。

「予算制限が実際に有効になるのは3年から5年後だ」とハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは Laola1 に語った。

「そうなって初めてチームはより拮抗するようになる。現在、経済的な違いは依然として大きすぎる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン / メルセデス