2022年08月のF1情報を一覧表示します。

フォーミュラE、100レースの節目「8年前は誰もが我々を笑っていた」

2022年8月14日
フォーミュラE、100レースの節目「8年前は誰もが我々を笑っていた」
フォーミュラEは、今週末の韓国での最終ラウンドのダブルヘッダーで100レースという節目に到達し、Gen2時代に別れを告げた。

フォーミュラEは、2014年に北京オリンピックのスタジアム周辺で建設された特設コースでデビューして以来、今週末で100戦目を迎える。シーズン最終戦はGen2時代の終わりとなり、来シーズンは、これまでに見られたものよりも、速く、軽く、効率的な新世代のGen3車が登場する。

マクラーレンF1代表 「2023年から舞台裏の開発が成果を生み始める」

2022年8月14日
マクラーレンF1代表 「2023年から舞台裏の開発が成果を生み始める」
マクラーレンF1チームの代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、舞台裏で行われている新たな開発が早ければ2023年にもチームに利益をもたらすことを望んでいると語る。

2021年のコンストラクターズチャンピオンシップで3位から4 位に転落したマクラーレンは、新しいF1レギュレーションが導入された2022年も再び4位争いを繰り広げており、今年はアルピーヌF1チームと戦いに焦点を当てている。

リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長

2022年8月14日
ダニエル・リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長
ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンのF1シートを失いそうだが、シングテル・オプタスとの個人スポンサー契約をさらに2年間延長した。

ダニエル・リカルドは、2020年にオーストラリアの電気通信会社であるシングテル・オプタスと初めて提携。同社は当時、リカルドが「積極性と楽観主義を発している」完璧なブランドアンバサダーであると語った。

メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?

2022年8月14日
メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?
1978年のF1ワールド・チャンピオンであるマリオ・アンドレッティは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフを攻撃。F1であまりにも多くの影響力を持っていることを示唆した。

マリオの息子であるマイケル・アンドレティは、インディカーやフォーミュラEを代表とするレース活動を拡大するために、F1パドックに自分のチームである『アンドレッティ・グローバル』で参戦するためにFIAに申請している。

フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得

2022年8月14日
フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンが、フォーミュラEのシーズン8(2021-22)のチャンピオンを獲得した。

8月14日(日)に韓国で最終戦ソウルePrixが行われた。7位以上でチャンピオンが確定するストフェル・バンドーン(メルセデスEQフォーミュラEチーム)は2位でフィニッシュ。フォーミュラEでの4シーズン目で初のチャンピオンを獲得した。

セルジオ・ペレス 「DNFがなければフェルスタッペンにもっと迫っていた」

2022年8月14日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「DNFがなければフェルスタッペンにもっと迫っていた」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスは、2022年の最初の13レースで3回のDNDがなければ、ドライバーズチャンピオンシップでチームメイトのマックス・フェルスタッペンにもっと迫っていたと感じている。

現在、セルジオ・ペレスは、フェラーリのシャルル・ルクレールからわずか5ポイント差のランキング3位につけている。しかし、残り9戦でチームメイトでチャンピオンシップ首位のマックス・フェルスタッペンからは85ポイント差がついている。

アルファタウリF1代表、前半戦に不機嫌「期待していた結果ではない」

2022年8月14日
アルファタウリF1代表、前半戦に不機嫌「期待していた結果ではない」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、現在、チームは2022年に設定した目標から「遠く離れている」ことで「不機嫌だ」と語る。

フランツ・トストは、アルファタウリ/トロ ロッソがコンストラクターズチャンピオンシップで5位でフィニッシュすることを常に目標としており、2021年は142ポイントを獲得して6位という最高の成績を収めた。

バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1で得た解放感 「今が一番楽しい」

2022年8月14日
バルテリ・ボッタス、アルファロメオF1で得た解放感 「今が一番楽しい」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1に移籍した2022年が「これまで最も楽しい」シーズンだと語る。

メルセデスF1で5シーズンにわたって成功を収めた後、チームから放出されたバルテリ・ボッタスは、F1グリッドでまったく新しい視点を受け入れる必要があった。

メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」

2022年8月14日
メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)がポーパシングによる安全上の問題とそれがF1ドライバーに与える影響を無視すれば、脳震盪が問題になっている“NFLの状況”に陥る危険があると考えている。

FIAは、F1チームが今年直面しているポーパシングの問題を抑制するために、2023年のF1レギュレーションの変更を推進する前に、次戦F1ベルギーGPからバウンシングできる車の量に新しい制限を導入する。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム