バルテリ・ボッタス 「周冠宇は2023年もアルファロメオF1残留にふさわしい」
バルテリ・ボッタスは、周冠宇が2023年もアルファロメオF1チームに残留することへの支持を表明した。

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームと複数年契約を結んでいるが、2023年のチームメイトはまだ確定していない。

周冠宇は、FIA-F2で3シーズンを過ごした後、今年、アルファロメオF1チームに加入し、初の中国人F1ドライバーとなった。

23歳の周冠宇は、シーズン開幕戦F1バーレーンGPでのデビュー戦でF1初ポイントを獲得し、カナダGPでは8位に入って、これまででベストリザルトを達成している。

ダニエル・リカルドやミック・シューマッハなど、2023年のドライバー市場には何人かのドライバーがいるが、バルテリ・ボッタスは周冠宇がアルファロメオF1チームにフィットしていると語る。

「2023年のチームメイトが誰なのか知ることができればうれしいけど、急いだりストレスを感じたりする必要はない」とバルテリ・ボッタスは語った。

「周はチームにぴったりだと思うし、現時点では、彼が継続することを許可されるべきではない理由は見当たらない」

「今年は彼の初年度に過ぎないし、彼は2年目に良い一歩を踏み出すことができるのは確かなので、彼の継続性を断固として支持する」

「それが僕の気持ちだ。彼はそれについてそれほどストレスを感じているとは思わない。彼はこのトリプルヘッダーに集中して、良いポイントを獲得したいと思っているだけだ。そして、おそらく、そのあとで彼がチームとじっくり話し合う時間がくるだろう」

アルファロメオは、2023年末でザウバーとのパートナーシップを終了。F1チームは2026年にアウディが買収するとされている。

アウディの参入は数年先になるが、バルテリ・ボッタスは、アウディのF1デビューまで、ヒンウィルを拠点とするチームの一員として残ることにオープンであると語った.

「現時点で『なぜダメなの?』というのが僕の気持ちだ。本当に楽しんでいるし、今でも速く走れると思っているし、将来的にそうすることがダメな理由が見当たらない」とバルテリ・ボッタスは語った。

「このスポーツや個人的な将来のために、まだ多くのものを提供できると感じている。もしその気持ちが残っているなら、どうしてダメなの?」

「もちろん、2~3年後にどう感じるかなんて誰にもわからないけど、今は本当にF1を楽しんでいる。毎週末の雰囲気は素晴らしい」

「僕は素晴らしいチームに所属しており、ワークライフバランスは今のところ僕にとって本当に素晴らしい。だから、自分はそこまで長く留まることができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1 / 周冠宇