ミック・シューマッハ、フェラーリF1との契約を2022年末で終了との報道
ミック・シューマッハのフェラーリF1チームとの契約は2022年12月で終了する予定であり、2023年にむけてシューマッハはフリーエージェントになると報じられている。

ミック・シューマッハは、2019年1月にフェラーリの若手ドライバー育成プログラムである『フェラーリ・ドライバー・アカデミー』に加入。2020年にFIA-F2でチャンピオンを獲得したシューマッハは、フェラーリがF1パワーユニットを供給するハースF1チームから2021年にF1デビューを果たした。

しかし、情報筋によると、ミック・シューマッハのフェラーリ・ドライバー・アカデミーとの契約は今シーズンで期限を迎え、それが“自然な終わり”を迎えることになるという。

ハースF1チームからの発表はないが、パドックではミック・シューマッハは2023年に3シーズン目に向けてチームに留まらないと認識されており、現在、アントニオ・ジョビナッツィが、ケビン・マグヌッセンのチームメイトの座を獲得するのが本命に浮上している。

2023年のF1グリッドの空席には、アルピーヌF1チーム、ウィリアムズが含まれており、ミック・シューマッハの親友であるエステバン・オコンは、アルピーヌF1チームのドライバー候補にシューマッハを推薦している。

また、ミック・シューマッハは、スクーデリア・アルファタウリのシートにも関連づけられている。その一方で、アルファタウリは、シートに欠員が出た場合、コルトン・ハータの獲得も噂されている。

だが、今後、ミック・シューマッハがF1ドライバーマーケットのシャッフルで敗れた場合、アルピーヌF1チームが、“スーパーサブ”として名を馳せるニコ・ヒュルケンベルグを選ばない限り、2023年のF1グリッドにドイツ人ドライバーがいなくなる可能性がある。

ミック・シューマッハが、2019年にフェラーリ・ドライバー・アカデミーと所属した際、彼は前年のヨーロッパ F3 チャンピオンシップで優勝しており、当時、チームは、父親のミハエル・シューマッハとフェラーリとの繋がりは、彼を採用する決定の原動力ではなく、実績に基づいてフェラーリ・ドライバー・アカデミーの支持を得ていることを強調していた。

当時、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、ミック・シューマッハの加入について「彼が生まれたときから知っている私のような者にとって、ミックをフェラーリに迎え入れることは特別な感情的な意味を持つことは疑いのないことだ」とコメントしている。

「だが、我々が彼を選んだのは、彼の才能、人間性、そして、プロジェッショナルなクオリティによるものだ。それは彼の年齢にもかかわらず、すでに優れていることが認められていることだ」

ミック・シューマッハは、2019年4月にバーレーンのフェラーリ SF90 でF1マシンでの初テストを実施し、翌日にはアルファロメオで2回目のテスト走行を行った。

2019 年と 2020 年には、フェラーリのサポートを受けてプレマからF2に参戦し、2年目のシーズンでタイトルを獲得した。

2020年9月、ニュルブルクリンクでのF1アイフェルグランプリでは、アルファロメオとフリー走行1回目に出走し、グランプリ週末デビューを果たす予定だったが雨で流れた、その後、フィオラノでの2018 SF71Hを走らせ、F1マシンでの経験を重ねた。そして、最終戦F1アブダビGPでハースF1チームとの最初のFP1 セッションを行った。

フェラーリとのつながりは、2021年にミック・シューマッハがハースF1チームのシートを獲得するのに役立った。新F1レギュレーションにむけて開発しないことを決断した競争力のない車でイライラしたシーズンの後、シューアッハは今シーズンもハースF1チームに留また。

不運なアクシデントが続き、ミック・シューマッハの進歩には貢献しなかったが、シルバーストーンで8位入賞を果たしてF1初ポイントを獲得すると、続くオーストリアで 6位入賞を果たした。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻を受けてニキータ・マゼピンがチームから追放され、ハースF1チームに復帰したケビン・マグヌッセンが期待以上の活躍をしていることで、ミック・シューマッハの結果はその影に隠れることになった。

一時は、スクーデリア・フェラーリの潜在的なワークスドライバーになるともてはやされていたミック・シューマッハだったが、次第にフェラーリへの支持は弱まっていった。

スクーデリア・フェラーリは、シャルル・ルクレール、そして、最近ではカルロス・サインツJr.と長期契約を結んでおり、ワークスチームにミック・シューマッハのレースシートがないことが明らかになった。

さらに、フェラーリのパートナーチームであるアルファロメオではバルテリ・ボッタスと周冠宇がおり、中国人ドライバーは間もなく2023年の契約更新が発表されるとみられている。ザウバーとの現在の契約の下で、タイトルスポンサーはもはやフェラーリはもはや所属のドライバーのシートを確保する権利は持ち合わせていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / フェラーリ / ハース