2022年06月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスF1代表、2022年のF1王座に白旗「その列車はすでに駅を出た」

2022年6月27日
メルセデスF1代表、2022年のF1王座に白旗「その列車はすでに駅を出た」
メルセデスF1は、最近のレースでレッドブルとフェラーリとのギャップを縮めたように見えたが、チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスF1が2022年にタイトルを獲得することはないだろうと語る。

昨年まで8年連続でコンストラクターズタイトルを獲得し、8年のうち7回のドライバーズタイトルを獲得してきたメルセデスF1だが、グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった2022年の新世代F1マシンでレッドブルとフェラーリに遅れをとっている。

アルピーヌF1代表、NetflixのカメラがF1チーム会議に入ることを歓迎

2022年6月27日
アルピーヌF1代表、NetflixのカメラがF1チーム会議に入ることを歓迎
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、Netflixが舞台裏で主要な会議にアクセスできるようになることは、人気のあるDrive to SurviveシリーズでのF1の認知度を高めるのに役立つと考えている。

報道によると、Netflixのカメラは、F1カナダグランプリに先立って行われたポーパシングの量を制限することを目的としたFIA(国際自動車連盟)の新しい技術指令の影響について話し合ったチーム代表たちの激しい会議を撮影していたとされている。

エイドリアン・ニューウェイが語るフェルスタッペンとハッキネンの類似点

2022年6月26日
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイが語るフェルスタッペンとハッキネンの類似点
レッドブル・レーシングの伝説的なF1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンを“グレイテスト”F1ドライバーのリストに入れている。

マックス・フェルスタッペンは、レース中のハードなアクションから定期的に“アグレッシブドライバー”と呼ばれている。特にF1での彼の初期の頃は、他の誰にも1インチも残さないくらい激しく攻撃と防御をしていた。

レッドブルF1代表 「2022年のメジャーアップデートは終了」

2022年6月26日
レッドブルF1代表 「2022年のメジャーアップデートは終了」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年の残りのシーズンでRB18にメジャアップデートが入ることはなく、いくつかのマイナーをアップデートによる“控え目な進化”になると語る。

両方のチャンピオンシップのリードを広げているレッドブル・レーシングだが、今年はいくつかの問題に直面した。マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはすでに合計4回のリタイアを喫しており、RB18は信頼性だけでなく、重量の問題も抱えている。

ルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」

2022年6月26日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「W13はこれ以上車高を上げることはできない」
メルセデスF1のルイスハミルトンは、ポーパシング対策としてW13の車高をこれ以上上げることはできないと語る。

今シーズン、メルセデスF1は最もポーパシングの問題に苦しんでいるチームといっても過言ではない。その結果、スピードが不足しているだけでなく、車が繰り返し激しく地面に叩きつけられることで、ドライバーの身体面にも影響が及んでいる。

ニキータ・マゼピン 「F1からインディカーへの転向に興味はない」

2022年6月26日
ニキータ・マゼピン 「F1からインディカーへの転向に興味はない」
ニキータ・マゼピンは、彼の焦点をF1からインディカーに切り替えることに「興味がない」と主張する。

ロシアのウクライナ侵攻と、その結果としての西側の制裁によってハースF1チームに解雇された23歳のニキータ・マゼピンだが、F1復帰の可能性について「楽観主義者」であると主張している。

アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」

2022年6月26日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」
エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームがF1のレジェンドであるフェルナンド・アロンソとの契約を延長するならば幸せだと語る。

現在、アルピーヌF1チームは、2023年に40歳のフェルナンド・アロンソを残留させるか、もしくはF2チャンピオンで将来有望なルーキーのオスカー・ピアストリにデビューのチャンスを与えるかで頭を悩ませていると伝えられている。

バーニー・エクレストン 「フェラーリとルクレールはF1タイトルを獲れない」

2022年6月26日
バーニー・エクレストン 「フェラーリとルクレールはF1タイトルを獲れない」
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンによると、マックス・フェルスタッペンは2年連続のF1ドライバーズチャンピオン獲得に向けて「簡単な時間」を過ごしている。

リバティメディアの時代が5年前に始まるまで何十年もF1を運営してきた91歳のバーニー・エクレストンは、競争力のあるフェラーリがF1の成功に不可欠であると常に言ってきた。

F1:ミハエル・シューマッハにノルトライン・ヴェストファーレン州賞

2022年6月26日
F1:ミハエル・シューマッハにノルトライン・ヴェストファーレン州賞
ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州は、同州で生まれたミハエル・シューマッハのF1での功績を称えて州で最高の栄誉となる州賞を授与した。

正式な授賞式は、7月20日にケルンのモーターワールドで開催される。この会場には、7回のF1ワールドチャンピオンの素晴らしいキャリアに関連するシューマッハ家のF1カーと記念品のプライベートコレクションが展示される。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム