レッドブルF1代表 「マイケル・マシはアブダビGPで間違いを犯した」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2021年の最終戦F1アブダビGPでレースディレクターのマイケル・マシがミスを犯したことを認めた。

昨シーズンの最も物議を醸した瞬間、マイケル・マシは周回遅れ車両の一部がアンラップすることを許可し、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの間にラストラップのシュートアウトを設定した。

マックス・フェルスタッペンは、フレッシュタイヤでルイス・ハミルトンを追い抜き、初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

直後、メルセデスF1は法的措置をとると脅迫したが、それは何の効果もなかった。だが、マイケル・マシは2022年シーズン前にレースディレクターから外され、エドゥアルド・フレイタスとニールス・ウィティッチに代わった。

マイケル・マシの決定は、クリスチャン・ホーナーとレッドブル・レーシングに直接利益をもたらしたが、チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、それが元レースディレクターのミスであったことを認めた。

「彼は、周回遅れにされたすべての車が自分自身をアンラップすることを許可しなかったという点で1つの間違いを犯した」とクリスチャン・ホーナーはCambridge Unionに語った。

「フィールドの後ろにいて、自分自身をアンラップすることができなかった3台の車があったと思う。それは彼が犯した唯一の間違いだった」

クリスチャン・ホーナーは、マイケル・マシの処遇は「非常に厳しい」ものだったと述べ、マイケル・マシがオンラインで受けた誹謗中傷を強調した。

「特に公共の場で、彼がほったらかしにされ、彼が受けたトローリング、そして、本来なら彼の支えるはずの連盟がまったくサポートせずにオンラインで受けた誹謗中傷は非常に厳しいと思った」

「昨年、カタールでの予選でのイエローフラッグでやルイスとのシルバーストンの事件など、彼が我々に反対したと感じた多くの決定があったが、彼は非常に困難な立場にあったし、あのチャンピオンシップの後にもっと多くのサポートがあったはずだと彼のことを気の毒に思いました。」

また、クリスチャン・ホーナーは、レース終盤でどのように感じていたかを語り、スカイスポーツの解説チームに「レースの神々からの何か」が必要だったと言ったことを覚えていると語った。

「ほとんどのレースで、メルセデスが優位に立っていると考えていた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々はポールで予選を通過したが、ルイスはそれを引き離していた。彼はレースをコントロールしていた」

「私は『今シーズンずっと経験してきたことであり、かなり拮抗してきたが、両方のチャンピオンシップを失って、どうやってマックスを迎えに行けばいいのか? チームに何と言えばいいのか? どのように彼らの精神を高めればいいのか?』と考えていた」

「実際、スカイのコメンテーターとつながっていたと思う。これは常に興味深い経験であり、彼らはそれがどのように見えるかを私に尋ねた」

「私が『まあ、これを好転させるには、レースの神々から何かが必要だと思う』と言った後、ニコラス・ラティフィが現れた。直通だとは気づかなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル