レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン、Drive to Surviveの次回作は「もう少し出演」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、物議を醸しているが人気公式F1ドキュメンタリー『Drive to Survive』の次のシリーズに「もう少し」登場すると語る。

現役のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、Netflixの同シリーズの制作方法が「偽物」であると考えているため、最新シリーズで目立った出演をすることをやめた。

「不満なことがいくつかあった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「そうだね、アメリカでのスポーツの人気に驚異的な効果をもたらしたけど、ドライバーはそのままでは描かれていない」

「これらの新しいファンは、実際にはまったくそうではないのに『この男は嫌な奴だ』と思っている」

詳しく説明するように求められたマックス・フェルスタッペンは「担当者とはすでに話をしているので、ネガティブになりすぎることはない」と語った。

「その間に、僕たちは将来に向けて良い合意に達したと思う。お互いに話し合い、一緒に働く方法を理解した」

「だから、次のシーズンでは僕のことをもう少し見ることができるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル