【動画】 角田裕毅 vs セルジオ・ペレス 最高速度15km/hの整氷車でバトル / F1カナダGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)とセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が、F1カナダGPに先駆けて世界で最も遅いザンボーニ(整氷車)でバトルを着広げた。

前戦カナダグランプリに先駆けて角田裕毅とセルジオ・ペレスは、最速のF1マシンから最高速度が時速15km/hの最も遅いマシンであるザンボーニに乗り換えた。氷を整えるために生産されたザンボーニは、カナダ全土で開催されるすべてのアイスホッケーゲームで活躍している。

角田裕毅とセルジオ・ペレスは、カナダのオリンピック金メダリストであり、レッドブルのアスリートのセバスティアン・トゥータンと戦い、タイムトライアルを競い合いった。NHLのレジェンドであるP.K. スバンが、モントリオールのオリンピックパークでトリオの戦い主催した。

コースはヘアピンターン、スラロームセクション、そして、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットのミラーセクションである長いストレートを特徴としている。

F1マシンと同じカラーリングが施されたザンボーニで、最終的に勝利を収めたのはセルジオ・ペレス。彼は完全に氷で作られた優勝トロフィーを受けており、表彰台のトップステップで祝われた。

「まったくのサプライズあったし、朝に到着するまで、ザンボーニを運転することになるなんて思ってもみなかったよ!」とセルジオ・ペレスはコメント。

「レッドブルでは、いつもそれがとても楽しいものになることを知っているけど、今回も例外ではなかった。ザンボーニが氷を掃除しているのを見たことがあるけど、何を期待してそれを運転すればいいかわからなかった。僕を速く走らせるための秘密を見つけることができ。ウサギモードだ! 速く走るために押さなければならないスイッチがついている。スイッチを押すとカメがウサギになる。たくさんのホイールとたくさんのスロットルで回れば、ザンボーニは非常に速く、ホイールを少し持ち上げることができる」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画 / レッドブル / セルジオ・ペレス / アルファタウリ / 角田裕毅