レッドブルF1代表、マイアミGPでのフェラーリの挽回を警戒
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、イモラで振り子がレッドブル・レーシングに有利に振られた後、マイアミでフェラーリが“スーパーコンぺティティブ”になることを警戒している。

アップグレードを導入して軽量化されたRB18で武装し、マックス・フェルスタッペンは、スクーデリア・フェラーリの本拠地であるイモラでキャリア2回目のグランドスラムを達成して圧勝した。

一方、スクーデリア・フェラーリは、シャルル・ルクレールがレース終盤にスピンを喫してバリアに接触するミスで6位でフィニッシュし、カルロス・サインツは2戦連続のリタイアでレースを終えた。

スプリントフォーマットが提供されたエミリア・ロマーニャGPは、週末に利用できるプラクティス時間が限られているため、アップグレードを投入することはレッドブル・レーシングにとって賭けのようなものだったが、それは報われたように見えた。

クリスチャン・ホーナーは、アップグレードがチームを後押したが、今後のレースで状況が変わる可能性があると認める。

「チャンピオンシップの非常に早い段階であり、一長一短の状況になっていくだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「DNFは、特にマックスにとっては大きな犠牲となったが、長くシーズンであり、我々はイモラから多くの自信を得られたと思う」

「チャンピオンシップに関して、両方のチャンピオンシップテーブルでフェラーリからポイントを奪えたことが重要だった」

レッドブル・レーシングはパフォーマンスの面でフェラーリよりも優位に立ったように見えるが、クリスチャン・ホーナーはシーズンの過程で2つのチームが競り合うことになり、最速の車が会場に依存すると考えており、マイアミでの次のF1週末にはフェラーリが挽回してくると予想している。

「適材適所になると思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「フェラーリには素晴らしい車があり、素晴らしいドライバーがいる。イモラでは運が悪かったと思う」

「しかし、彼らが2週間後には非常に競争力があり、シーズンを通してそのようになるのは確かだと思う」

フェラーリにとって、イモラでのレッドブル・レーシングのアップグレードはショックではなく、ライバルによる開発の進展を予想していた。

しかし、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、エミリア・ロマーニャGPのわずか2週間前のオーストラリアで見せることができた優位性に自信を持っていると語っている。

「彼らは強力であり、車を開発していることを我々は知っている」とマッティア・ビノットはSky Sports F1に語った。

「しかし、2週間前、オーストラリアでは、我々が最高の車を持っていた。イモラはその逆となった」

「レースごとにバランスが少し変わるかもしれない。でも、全体的には良いパッケージだと思っている」

「ウェットコンディションとドライコンディションの予選で2位だったので、スプリントレースは良かったと思う。全体として、笑顔を保つことができると思う」

「開発が今シーズンの重要な要素になることは間違いない。レッドブルは非常に強力であり、彼らは戻ってくるだろう」

「しかし、もう一度、今日のレースを見直して前進していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マイアミGP