ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今シーズンの困難なスタートからの立て直しに成功し、今では“快適に3番手”の最速チームであると考えている。

バーレーンテストでブレーキの冷却問題に見舞われたマクラーレンは、開幕2戦ではバックマーカーに位置に転落し、熱心なマクラーレンのファンでさえ、劇的なラーンアラウンドを想像するのに苦労した。

しかし、舞台裏での作業により、マクラーレンはバックマーカーから表彰台フィニッシャーへと立ち直った。

エミリア・ロマーニャGPでのランド・ノリスの3位フィニッシュは、シャルル・ルクレールのスピンオフという大きな幸運によってもたらされたのは確かだが、それでも、マクラーレンはその時点までに快適に4番手まで獣医を上げていた。

タイトル争いという観点では、レッドブルとフェラーリが別次元の戦いを繰り広げているように見えるが、その後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”の称号をかけた戦いは、マクラーレン、メルセデス、アルピーヌが激戦を繰り広げている。

コンストラクターズチャンピオンシップに関して、今のところ3位を保持しているのはメルセデスだが、イモラでのパフォーマンスから判断すると、グリッド上で3番目に速い車ではなかった。ランド・ノリス、その称号はマクラーレンのものだと感がている。

バーレーンでの開幕戦で15位、チームメイトのダニエルリカルドは14位だったことを振り返り、ランド・ノリスはそのレースは「外れ値」に分類される可能性があると述べた。

「当時はまだ現実だった」とランド・ノリスは語った。

「僕たちが見たものの多くはまだ車に残っているけど、僕たちはそれをもう少し理解した」

「僕たちは弱点に取り組み、いくつかの改善を行った。そこには多くのポジティブな点があるけど、僕たちは快適に3番目に最速のチームだと思う」

レースの大部分を快適に4番手で過ごしたランド・ノリスは、自分自身とレッドブルやフェラーリスを比較して不利な点があるため、どのようなペースでドライブするかを決めるのが難しいことを認めた。

「スタートで隣にいた人たちによる」とランド・ノリスは説明した。

「ラップあたり1秒半速い人と比べて、自分のペースを判断するのは難しい」

「特にカルロス(サインツ)、そしてセルジオ(ペレス)がどこにいるのかを知って、ギャップをできるだけ大きくしようとしたけど、何をしても彼らは僕を追い越していただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン