メルセデスF1代表 「2022年のタイトル争いから脱落しているのは明らか」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、第4戦エミリア・ロマーニャGPを終えて、彼のチームが2022年のタイトル争いから脱落しているのは明らかだと語る。

昨年、コンストラクターズタイトルを8連覇したメルセデスF1は、その連勝を9回の伸ばすタイトル候補として2022年シーズンを迎え、ルイス・ハミルトンは、記録的な8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得するために集中していた。

しかし、大幅なレギュレーション変更によって生み出されたメルセデスF1の新世代F1マシンは、チームが望んでいたような進化を果たせなかった。

2021年のタイトルライバルであるレッドブル・レーシングは依然として主導的な勢力だが、メルセデスF1がタイトル争いから漂流している一方で、スクーデリア・フェラーリがその座に浮かび上がった。

多くの人がメルセデスF1が迅速に回復することを予想していましたが、どちらかといえば、レーストリムでミッドフィールドに対して持っていたと思われるアドバンテージは失われ始めている。

ジョージ・ラッセルはエミリア・ロマーニャGPを4位を終えたが、マクラーレンのランド・ノリスの7秒以上あとでフィニッシュした。また、バルテリ・ボッタスの攻撃を阻止できたが、ボッタスの非常に遅いピットストップがなければ、交わされていた可能性がある。

一方、ルイス・ハミルトンはミッドフィールドを抜け出すことができず、周回遅れの13位でレースを終えた。

これまでトト・ヴォルフは、メルセデスF1がタイトル争いに戻ることにある程度の自信を持っていたが、イモラの後、タイトルに挑戦することは「非現実的」だと語った。
「我々は4レースを終えたが、今年は最初の4レースの最低値を示している」とトト・ヴォルフは述べた。

「我々が最前線での戦いの近くにいないことは明らかだ」

「チャンピオンシップのために戦っているフロントランナーの中にスロットがあると主張するのはかなり非現実的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス