2019年06月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 トヨタ GRスーパースポーツでテスト走行を実施

2019年6月18日
トヨタ GRスーパースポーツ
トヨタ自動車は、2020年秋に導入されるFIA世界耐久選手権(WEC)の新レギュレーションでベース車両となる予定のGRスーパースポーツ(仮称)でのテスト走行を実施した。

トヨタは、2020-2021年シーズンのWECに導入される新世代の耐久レース用車両で争われるトップカテゴリーに参戦することを決定。市販に向けて開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとするハイブリッド・プロトタイプ車両を用いて、新世代の耐久レースに参戦する。

フェルナンド・アロンソ 「2016年にメルセデスF1と交渉していた」

2019年6月18日
F1 フェルナンド・アロンソ メルセデスAMG F1
フェルナンド・アロンソは、2016年にニコ・ロズベルグが電撃引退を発表して空席になったメルセデスのF1シートについてチーム代表のトト・ヴォルフと交渉していたことを明かした。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、現在、世界3大レースでの“3冠”達成を目標にしており、先週末にはル・マン24時間レースで2度目の優勝を達成したが、インディ500では予選落ちを喫して今年の3冠達成は実現しなかった。

フェラーリ 「画像とデータではベッテルに不正行為はなかった」

2019年6月18日
F1 フェラーリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1カナダGPの決勝でセバスチャン・ベッテルに不正行為はなかったと改めて主張した。

フェラーリは、F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルから勝利を奪うことになった5秒加算ペナルティについて、FIA(国際自動車連盟)に再審を請求いた。

エステバン・オコン 「2020年のF1シートが確定することを願っている」

2019年6月18日
F1 エステバン・オコン メルセデス
メルセデスのリザーブドライバーを務めるエステバン・オコンは、2020年にF1レースシートに戻るために自分の将来が“非常に近いうちに”整理されることを期待していると語る。

ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがフォース・インディアを買収して誕生したレーシング・ポイントに息子のランス・ストロールが加入してきたことで、エステバン・オコンはF1シートを失った。

セバスチャン・ベッテル 「F1スチュワードには同情しているけど・・・」

2019年6月18日
F1 セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは、F1のスチュワードには同情しているが、今のF1は過度に規制され過ぎていると考えている。

F1カナダGPでは、セバスチャン・ベッテルがコースオフした際、ルイス・ハミルトンの前で安全ではない方法で合流したとして5秒ペナルティが科せられ、トップでチェッカーを受けたものの2位に降格。フェラーリは異議申し立ては断念したものの、再審を請求している。

スコット・ディクソン 「エアロスクリーンはHaloより要件を満たしている」

2019年6月18日
インディカー
スコット・ディクソンは、2020年からインディカーに導入されるエアロスクリーンは、現在のF1やその他のFIA認可のシリーズで使用されているヘイロー(Halo)よりも安全性とデザインの両方の観点で“より多くの要件を満たしている”と語る。

インディカーは、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーと開発に取り組んだエアロスクリーンを2020年から導入することを目指している。

ロバート・クビサ、ウィリアムズ離脱の可能性を否定せず

2019年6月18日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、ウィリアムズを離脱し、F1でチームを移籍する可能性を否定していない。

ロバート・クビサは、ウィリアムズでチームメイトのジョージ・ラッセルと同じエキップメントを与えられていないことを示唆しており、ウィリアムズのF1マシンはしばしば“2つの異なる世界”にいると不満を述べている。

F1 | ピレリのCEO、メルセデス優遇を否定 「フェラーリに勝ってほしい」

2019年6月18日
F1
ピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラは、同社がF1世界選手権でメルセデスを不当に優遇しているとの噂を完全否定した。

レッドブルのヘルムート・マルコは、理解の難しい2019年のF1タイヤがメルセデスだけに適していると述べ、メルセデス優遇説を唱えた。

ダニエル・リカルド 「ルノーのF1マシンへの自信が大きくなっている」

2019年6月18日
F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ルノーF1チームのダニエル・リカルドが、ポール・リカールで開催される2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込みを語った。

前戦カナダGPでは、ルノー移籍後のベストリザルトとなる6位入賞を果たしたダニエル・リカルド。チームによって重要な母国レースとなるフランスGPでもそのパフォーマンスを繰り返したいと語る。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 46 | 47 | 48 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム