2018年06月のF1情報を一覧表示します。

エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダとの提携はExxon Mobilにも有用」

2018年6月27日
F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
レッドブルの最高技術責任者を務めるエイドリアン・ニューウェイが、ホンダとのF1パワーユニットへの移行と、それがレッドブル・レーシングにとってどのような意味があるかを語った。

先週、レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとの12年間にわたるパートナーシップを終了し、2019年から新たにホンダとの2年間のF1エンジン供給契約に合意したことを発表。チームのステータスはルノーのカスタマーからホンダのワークスへと変化する。

ホンダF1 「カナダとフランスで発生したパワーユニット故障は別物」

2018年6月27日
F1 ホンダF1 スクーデリア・トロロッソ
ホンダF1は、アップグレード版F1パワーユニットが2つの故障に見舞われたが、F1フランスGPでブレンドン・ハートレーに発生した問題とF1カナダGPでピエール・ガスリーに発生した問題は異なるものだと考えている。

ホンダは、2週間前のF1カナダGPで主に内燃エンジンのパフォーマンス向上を中心とした新スペックのパワーユニットをトロロッソ・ホンダの2台のマシンに投入。しかし、その週末にピエール・ガスリーのパワーユニットにトラブルが発生していた。

レッドブル、ホンダのF1エンジンの“タグホイヤー化”は行わず

2018年6月27日
F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、2019年にホンダのF1エンジンをタグホイヤーにリブランドすることはない。

近年、タイトルスポンサーにアストンマーティンを迎えたレッドブル・レーシングは、ルノーのカスタマーエンジンをタフホイヤーにリブランドして使用してきた。

だが、2019年にレッドブルのマシンのF1エンジンにタグホイヤーのバッチがつけられることはない。

マクラーレン、F1スタッフの“チョコレートの乱”に反論

2018年6月27日
F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1スタッフが内紛を起こしているとの報道に反論した。

F1フランスGPの週末、マクラーレンのF1スタッフが現首脳陣に不満を求めており、元チーム代表のマーティン・ウィットマーシュに現状を打破するために協力を求めたと Daily Mail が報道。

レッドブル、ルノーの新型MGU-Kの投入を拒否

2018年6月27日
F1 レッドブル・レーシング ルノーF1
レッドブル・レーシングは、今週末のF1オーストリアGPでルノーから供給される新型MGU-Kの使用を見送るという。

Marce によると、ルノーは今シーズンここまで2017年版のMGU-Kを使用していたが、ようやく新しい仕様の準備が整ったという。しかし、新しいユニットを投入した場合、ワークスルノー、マクラレーレン、そして、レッドブル・レーシングのドライバーはグリッド降格ペナルティを科せられることになる。

【フォーミュラE】 スージー・ヴォルフ、ベンチュリのチーム代表に就任

2018年6月27日
フォーミュラE スージー・ヴォルフ ベンチュリ
スージー・ヴォルフが、ベンチュリ・フォーミュラEチームのチームプリンシパルに就任した。

2006年から2012年までDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦し、その後、ウィリアムズのテスト兼開発ドライバーを務めたスージー・ヴォルフは、チームプリンシパル就任とともにベンチュリ・フォーミュラEチームの株主としても参画する。

両足切断のビリー・モンガー、F1マシンをテスト

2018年6月27日
F1 ビリー・モンガー
F3レーサーのビリー・モンガーは、6月29日(火)に英国ロッキンガム・サーキットでF1マシンをテストすることになった。

現在19歳のビリー・モンガーは昨年4月、ドニントン・パークで行われた英国F4選手権のレースで、静止していた別のマシンに激突。両脚の切断を余儀なくされた。

カルロス・サインツ 「ルノーに残ることができれば嬉しい」

2018年6月27日
F1 ルノーF1 カルロス・サインツJr.
カルロス・サインツが来シーズンどのチームでレースをするかは彼の手には委ねられてはいないが、ルノーに残ることができれば嬉しいとサインツは語る。

レッドブルと契約を結んでいるカルロス・サインツは、今年、1年間の期限付き移籍でルノーに加入にした。だが、ダニエル・リカルドがレッドブルを離れる決断をした場合は、その後任としてチームに戻ることになるとされている。

フェルナンド・アロンソ 「世界3大レースではF1モナコGPが最も簡単」

2018年6月27日
F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、世界3大レースのなかではF1モナコGPが最も勝利するのが簡単なレースだと考えている。

2度のモナコウィナーであるフェルナンド・アロンソは、キャリアの目標に世界3大レースでの“3冠”達成を掲げており、今月行われたル・マン24時間レースに初挑戦で優勝を成し遂げて“2冠”目を手にした。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 |...| 52 | 53 | 54 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム