F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1スタッフが内紛を起こしているとの報道に反論した。

F1フランスGPの週末、マクラーレンのF1スタッフが現首脳陣に不満を求めており、元チーム代表のマーティン・ウィットマーシュに現状を打破するために協力を求めたと Daily Mail が報道。

さらに同誌は金曜日に匿名のスタッフへの取材記事を掲載。スタッフはエリック・ブーリエを含めた現上層部を信頼しておらず、陰で“アンタッチャブルズ”と呼んでいることや、作業が終了した際には対価としてチョコレート菓子の“フレッド”が1個ずつ配られることに憤慨していることなどが語られた。

この告発記事によって、マクラーレンの内紛は“フレッド・ゲート”“チョコレート・ゲート”などと揶揄された。

F1フランスGPの金曜記者会見には渦中のエリック・ブーリエが出席。“チョコレート”“フレッド”という言葉が飛び交う異様な会見となった。

マクラーレンのチーム内に険悪な空気が流れているのかと質問されたエリック・ブーリエは「いいや。このレベルの責任では、我々全員が会社のために仕事をしており、我々全員がすべての責任を果たしている」とコメント。

「チョコレート・ゲートについていくつかの記事が出ていたが、メディアの皆さんも読んで少し面白かったと思う。実際、人々から“あれはジョークだ”といったメールが大量に届いている。気難しいスタッフが数人いるのかもしれない。どんな組織でも誤ったコミュニケーションがあった際には同意するものもいれば、そうではないものもいる。それらの人々の問題が何かはわからないし、裏でコソコソ話すよりも、彼らの問題が何かを理解するために彼らを招待したいと思う」

内部告発したチームスタッフを特定して、チーム内の規律を取り戻す予定かと質問されたエリック・ブーリエは「これは内部の問題であり、内部的に検討する必要があること、何が起こっているのか、その人物がなぜ不満を抱いているのかを議論する必要がある」とコメント。

「もちろん、800名の従業員がいれば…我々は労働力やエンジニアリングから多くのサポートをしてもらっている。私は数名の気難しいスタッフの問題にすぎないと思っている。実際、ある意味で多くのフィードバック、良いフィードバックが寄せられているので、我々にとって良いことかもしれない」

また、今週末のためにフレッドを注文したかとの質問には「いいや、そんな事実はない! 我々はフレッドを食べながら仕事をしていない」と返答。そうすべきだと食い下がる記者に「まぁ、多くのエネルギーがいるからね。そんなことまで考えてくれてありがとう」と答えた。

記事を掲載した Daily Mail の記者からフレッドの報酬を続けるのか、やめるのかと質問された際には「フレッド・チョコレートをそんなに食べたいなら、箱で送ってあげるから心配するな」「もう十分だろう」と声を荒げるシーンもあった。

さらには一緒に会見に出席したレッドブルのクリスチャン・ホーナー、ルノーのシリル・アビテブール、ザウバーのフレデリック・ヴァスールにまで、ハードワークの報酬といてチョコレートバーを配ることはあるかとの質問も飛んだ。

クリスチャン・ホーナーは「我々は毎日頑張っているスタッフにレッドブルを飲み放題で供給している。良い結果を出せばシリル(アビテブール)に送ることさえある。フレッドはないが、レッドブルは配っている」とコメント。

シリル・アビテブールは「我々はそれを受け取り、全部飲んだよ。チョコレートはない」とコメントしつつも「あなたが話しているチョコレートバーなど完全にくだらないものだ。それについてコメントしたくない」とコメント。

フレデリック・ヴァスールは「すまんが、チョコレートバーの話はやめてほしい」と語った。

マクラーレンの問題はチョコレート・ゲートだけではない。今季マシンは失敗作ともいえるほどパフォーマンスは厳しく、レーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエの辞任もささやかれている。

Daily Mail の記者から辞任の噂について質問されたエリック・ブーリエは「それは良い質問だ」とコメント。

「もちろん、我々全員がクルマのパフォーマンスに責任を持っている。あなたの質問に答えるとすれば、私は辞任しない。あなたがいくつかの記事を書いていることはわかっている」

「私は20年レースの世界に身を置いており、これまでF1を含め、マネジメントしたすべてのチームでレースに勝ち、チャンピオンシップに勝ってきた。あなたはその記録を私から奪うことはできない」

「我々は旅に出ていると思っている。我々は望んでいる位置にはいないし、満足もしていない。だが、新しいエンジンパートナーであるルノーとの旅であり、我々には良いチームがある。クルマの問題を見つけて、それを修正していく必要があるだけだ」

「我々はクルマのどこが問題かはわかっている。コンセプトを信じてクルマを作っているときは、そのコンセプトを開発し、次のクルマのために訂正していく必要がある」

だが、マクラーレンは完全に方向性を見失っているようだ。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンの2018年F1マシン『MCL33』には風洞では現れない空力的な問題がコース上で発生しており、問題があることはわかっているが、解決の糸口が見つけられていないことを明らかにしている。

関連:
マクラーレンのF1スタッフが“有害”な内情を告発 「報酬はチョコレート」
マクラーレンのF1チーム内に内紛?スタッフが元チーム代表に協力を要請

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン