フォーミュラE スージー・ヴォルフ ベンチュリ
スージー・ヴォルフが、ベンチュリ・フォーミュラEチームのチームプリンシパルに就任した。

2006年から2012年までDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦し、その後、ウィリアムズのテスト兼開発ドライバーを務めたスージー・ヴォルフは、チームプリンシパル就任とともにベンチュリ・フォーミュラEチームの株主としても参画する。

メルセデスのモータスポーツ責任者であるトト・ヴォルフの妻であるスージー・ヴォルフは、2015年末でレーサーを引退し、2016年にモータースポーツへの女性の参加を高めることを目的とした『Dare to Be Different(デア・トゥ・ビー・ディファレント / 違うことを恐れるな)』を設立している。

「2015年にプロドライバーを引退する決断をしたとき、クルマに乗らずとも、自分が競争的なレースへの挑戦を続けたいと思っていることがわかりました」とスージー・ヴォルフはコメント。

「運転をやめても競争本能を消すことはできないものです。決意と願望はまだ私の中でメラメラと燃えています。そのチャレンジのための正しい方向を決めるために慎重に時間をかけてきました。そして今、私は完璧な次のステップを見つけました」

「電気自動車のパイオニアとして正当に認められ、当初からこのシリーズの可能性を見出してきたギルド(パランカ・パストール/ベンチュリCEO&創業者)と一緒に仕事をしていくことを本当に楽しみにしています。彼はフォーミュラEのグリッドで優位性を獲得した強力なチームを築いてきましたし、多くの才能のある人々がと仕事をすることにも興奮しています」

「フォーミュラEはチームマネジメントというこのステップには完璧な環境です。伝統的なレースシリーズの型を破るポテンシャルに満ちており、現時点でシリーズは楽しくエキサイティングな発展のフェーズにあります」

ギルド・パランカ・パストールは、スージー・ヴォルフの起用は、ベンチュリ・フォーミュラEチームの拡大計画の次のフェーズの始まりだと説明した。

ベンチュリは、次世代の若手ドライバーのアカデミーを設立し、HWAにGen2パワートレインを供給。また、来季からは元F1ドライバーのフェリペ・マッサをドライバーに起用する。

「スージーをチームプリンシパルおよび株主として迎え入れることを嬉しく思う」とギルド・パランカ・パストールはコメント。

「彼女のエネルギーと専門知識は、チームを強化し、マネジメントに新しいアプローチを導入して我々の成長を助けてくれるだろう。スージーは、彼女個人の経験からチーム、チャンピオンシップ、モーターレーシング全体に独特な戦略をとっていく。彼女はベンチュリ・フォーミュラEチームをトップに導いてくれるだろう」

「株主になるという彼女の願望も揺るぎないコミットメントを示しており、それは私を喜ばせている。ベンチュリとベンチュリ・フォーミュラEチームは、グループの歴史において重要な瞬間にスージーを迎え入れることを誇りに思っている」

スージー・ヴォルフは、来月のニューヨークの最終戦からチームを指揮する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE | スージー・ヴォルフ