2010年07月のF1情報を一覧表示します。

F1 2011年 : マシンの前後重量配分を規定

2010年7月5日
F1マシン 前後重量配分
2011年は、F1に初めて義務的な重量配分が導入されるようだ。

ドイツの Auto Motor und Sport は、2011年からタイヤサプライヤーがピレリになることで、46:54の前後重量配分が義務付けられると報道。

スリックタイヤが導入された2009年のプレシーズンテストでは、ブリヂストンのタイヤ設計の変更に伴い、クルマの重量配分には高価な変更が必要となった。

ウィリアムズ、2011年に向けバッテリー式KERSを独自開発

2010年7月5日
ウィリアムズ KERS
ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、ウィリアムズが2011年に独自のバッテリー式KERSを搭載する予定であることを明らかにした。

ウィリアムズは、ウィリアムズ・ハイブリッド・パワー社を所有しており、同社が開発したフライホイール式KERSは、現在GTレースでポルシェが採用している。

しかし、最近フランク・ウィリアムズはフライホイール式KERSが非常に大きく「F1カーが2階建てバスのようになってしまうよ」と語っていた。

ヘイキ・コバライネン 「ロータスはマクラーレンよりも快適」

2010年7月5日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、マクラーレンでの2シーズンよりもロータスの方が快適だと認めた。

今年からロータスに移籍したヘイキ・コバライネンは、グリッド後方での日々を過ごしているが、不満を抱いてはいないと語る。

2008年と2009年にマクラーレンでルイス・ハミルトンのチームメイトを務めていたコバライネンは、昨年後半、マクラーレンが必ずしも平等に扱ってくれてはいなかったと語っていた。

ルノー、ロバート・クビサに2011年のチーム残留をオファー

2010年7月5日
ロバート・クビサ
ルノーは、ロバート・クビサに2011年もチームに残留するようオファーしたと Auto Hebdo が報じている。

同誌によると、ロバート・クビサが有しているオプション契約は7月中旬だとされており、契約はイギリスGP直後にも結ばれるだろうと報じている。

また、イタリアの Autosprintは、クビサは2012年以降もルノーに残留する可能性があるが、チームの資金について「保証を求めている」としているという。

ファイルーズ・ファウジー、イギリスGPの金曜フリー走行に出走

2010年7月5日
ファイルーズ・ファウジー
ロータスは、ファイルーズ・ファウジーをイギリスGPを含む4レースの金曜フリー走行に出走させることを発表した。

ロータスのリザーブドライバーを務めるファイルーズ・ファウジーは、プレシーズンテストのヘレスとバルセロナで走行。4月のマレーシアGPのFP1でグランプリ週末デビューを果たした。

ファイルーズ・ファウジーは、イギリスGP、ハンガリーGP、シンガポーツGP、そして最終戦アブダビGPの金曜フリー走行1回目でヤルノ・トゥルーリ、ヘイキ・コバラインのT127を2レースずつドライブする。

ティモ・グロック 「可変リアウイングは非常に危険」

2010年7月5日
ティモ・グロック
ティモ・グロックは、可変リアウイング(プロキシミティ・リアウイング)へ反対意見を述べた。

FOTAのマーティン・ウェイットマーシュ会長は、オーバーテイクのためにボタンを押すことで直線スピードをブーストさせるプロキシミティ・リアウイングの導入は確定したわけではないと語っていた。

「非常に危険だと思う」とティモ・グロックは Motorsport Aktuell にコメント。

スティーブ・ニールセン 「アロンソはマクラーレンに留まるべきだった」

2010年7月5日
スティーブ・ニールセン
ルノーのスポーティングディレクターを務めるスティーブ・ニールセンは、2008年にフェルナンド・アロンソがマクラーレンを離脱し、ルノーに戻ってきたのは間違いだったかもしれないと語る。

フェルナンド・アロンソは、2007年にマクラーレンと衝突し、契約を破棄して1年限りでチームを去った。

アロンソはマクラーレンでタイトル争いをしていたが、当時ルノーは困難なシーズンを送っており、その後の2年はアロンソにとっても不遇のシーズンとなった。

ウィリー・ウェバー、実刑判決の可能性

2010年7月5日
ウィリー・ウェバー、実刑判決の可能性
ウィリー・ウェバーが、実刑判決を受ける可能性があると報じられている。

長年ミハエル・シューマッハのマネージャーを務めて、現在はニコヒュルケンベルグを手がけているウィリー・ウェバーは、2年前に物販会社が破産前に資金や資産を移動させたとして、ドイツの法廷から執行猶予と多額の罰金を言い渡されていた。

今回、ウィリー・ウェバーは、ポールポジション・マーケティング社の不正なな破産によって、120万ユーロ(1億3,200万円)を横領した疑いで再び法廷に立っている。

ディートリッヒ・マテシッツ 「レッドブルはタイトルを獲れる」

2010年7月5日
ディートリッヒ・マテシッツ 「レッドブルはタイトルを獲れる」
レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、レッドブルには2010年シーズンのタイトルを獲る実力があると確信しているが、はチームのこれまでの獲得ポイントに失望していると認めている。

レッドブル RB6は、これまで9戦中8戦でポールポジションを獲得し、フィールド最速のマシンであることを証明しているが、ドライバーズランキングではセバスチャン・ベッテルが3位、マーク・ウェバーが4位に留まっており、コンストラクターズランキングでもマクラーレンに先行を許している。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム