アルファタウリ・ホンダF1、10位入賞も落胆 「レースペースに欠けていた」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンが、2020年のF1世界選手権 第2戦 F1シュタイアーマルクGPの決勝を振り返った。

雨の予選ではピエール・ガスリーがQ3に進出するパフォーマンスを見せていたアルファタウリ・ホンダF1だが、決勝ではペースに苦戦。ダニール・クビアトがなんとか10位入賞を果たしたものの、ガスリーは15位でレースおを終えた。

「10位は獲得できたが、正直、今日の我々のマシンはレースペースに欠けていたし、本来の競争力を発揮できなかった」とジョディ・エギントンは語る。

「ピエールのマシンはレースのスタートで右リアをヒットし、結果としていくらかダメージに苦しんでいた兆候があったので、これから調査する必要がある」

「ダニーはもっとクリーンなレースをしていたし、今日はミスをすることなく10位でフィニッシュした。ポイント圏内でフィニッシュできたことに満足するべきかもしれないが、全体的に今日は我々のパッケージにもっと多くを期待していたし、今日のパフォーマンスの背景にあったあらゆる要因を理解し、次のレースにむけて重要なポイントに対処するために詳細な分析を行っていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1オーストリアGP