角田裕毅の2021年04月のF1情報を一覧表示します。

角田裕毅 「チームのことを考えてクリーンなレースをする必要がある」

2021年4月30日
角田裕毅 「チームのことを考えてクリーンなレースをする必要がある」 / アルファタウリ・ホンダ F1ポルトガルGP インタビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、イモラでの予選を振り返り、予選へのアプローチを変更すると語る。

開幕戦で衝撃のパフォーマンスを披露した角田裕毅だったが、プレシーズンで走り込んだことで上位進出が期待されたイモラ・サーキットでの予選ではQ1開始早々にスピンを喫して最後尾からスタートすることになった。

角田裕毅 「イモラのミスは繰り返さない。アプローチを変える必要がある」

2021年4月30日
角田裕毅 「イモラのミスは繰り返さない。アプローチを変える必要がある」 / アルファタウリ・ホンダ F1ポルトガルGP 木曜記者会見
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、焦りと自分自身への過度のプレッシャーが、イモラでのF1週末を台無しにしたミスを引き起こしたことを認める。

バーレーンでの有望なF1デビューを終え、角田裕毅は2週間前のF1エミリア・ロマーニャGPでもっと感銘することを望んでいた。しかし、予選Q1でのクラッシュにより、グリッド最後尾からのスタートとなった角田裕毅は、決勝でもスピンを喫して、ポイント獲得のチャンスを逃がした。

角田裕毅 「多くの教訓を学んだ。マシンにはトップ6を走れる競争力がある」

2021年4月29日
角田裕毅 「多くの教訓を学んだ。マシンにはトップ6を走れる競争力がある」 / アルファタウリ・ホンダ F1ポルトガルGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPへの意気込みを語った。

デビュー戦で9位入賞を果たして注目を浴びた角田裕毅だったが、第2戦エミリア・ロマーニャGPでクラッシュやスピンなど正反対な週末となった。しかし、そこから多くの教訓を学んだと角田裕毅は語る。

F1特集:角田裕毅の未来 ~日本人F1ドライバーの系譜~

2021年4月27日
F1特集:角田裕毅の未来 ~日本人F1ドライバーの系譜~
アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅は、これまでで最年少の日本人ドライバーになることで、F1の成果リストですでに新しいマイルストーンを達成している。

鮒子田宏は、1975年のF1オランダGPとF1イギリスGPにエントリーし、日本人としてF1統計書に名前を載せた最初のドライバーとなったが、マキ・フォードF101は十分な競争力がなく、ともに予選落ちで決勝スタートを切れなかった。

アルファタウリ・ホンダF1、衝撃構造が角田裕毅のクラッシュを吸収せず

2021年4月26日
アルファタウリ・ホンダF1、衝撃構造が角田裕毅のクラッシュを吸収せず
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q1でバリアにヒットした角度が悪かったことでマシンは想定以上のダメージを負うことになったとF1ジャーナリストのクレイグ・スカボローは分析する。

予選Q1の1回目の走行で角田裕毅はターン15でマシンのコントロールを失ってスピン。AT02は後部からタイヤバリアに接触でマシンのリアは完全に粉砕した。

角田裕毅、松山英樹のマスターズ優勝に触発「F1で日本の歴史を作りたい」

2021年4月25日
角田裕毅、松山英樹のマスターズ優勝に触発「F1で日本の歴史を作りたい」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、Crash.net のインタビューに応じ、F1で日本の歴史を作りたいという希望、自分のドライビングができる環境、プレッシャーを感じないこと、そして、なぜミスを恐れないのかについて語った。

松山英樹がオーガスタナショナルで最後のパットを沈め、日本人ゴルファーとして初めてマスターズトーナメントで優勝した直後、角田裕毅の電話が鳴り始めた。

角田裕毅の無線での文句の多さに海外F1メディアが苦言「まだ時期尚早」

2021年4月24日
角田裕毅の無線での文句の多さに海外F1メディアが苦言「まだ時期尚早」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅の無線が良くも悪くも話題になっているが、オランダの racingnews365 は、“まだ時期尚早”だと苦言を呈す。

今年、20歳でF1デビューを果たした注目の日本人ドライバーである角田裕毅。デビュー戦となったF1バーレーンGPでは9位フィニッシュを果たし、日本人としてデビュー戦で初めてポイントを獲得。

アルファタウリ・ホンダF1代表 「角田裕毅は非常に素早く学んでいる」

2021年4月23日
アルファタウリ・ホンダF1代表 「角田裕毅は非常に素早く学んでいる」
アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅は、比較的経験が浅いにもかかわらず、すでにチームのボスに感銘を与えている。

角田裕毅は、ダニール・クビアトの後任として、2021年にアルファタウリ・ホンダF1から7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてグリッドに並んだ。

角田裕毅は“自信過剰”になっていた? レッドブルF1幹部が厳しい評価

2021年4月21日
角田裕毅は“自信過剰”になっていた? レッドブルF1幹部が厳しい評価
角田裕毅は、F1デビュー戦の活躍で“自信過剰”になっていた? レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは第2戦F1エミリア・ロマーニャGPの週末にクラッシュを含めてミスを連発した角田裕毅に厳しい評価を下した。

デビュー戦となった開幕戦F1バーレーンGPでポイントを獲得して株価を上げた角田裕毅。ヘルムート・マルコも角田裕毅が日本人初のF1ワールドチャンピオンになる可能性があると世界中のメディアに向けて手放しで絶賛した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム