F1特集:角田裕毅の未来 ~日本人F1ドライバーの系譜~
アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅は、これまでで最年少の日本人ドライバーになることで、F1の成果リストですでに新しいマイルストーンを達成している。

鮒子田宏は、1975年のF1オランダGPとF1イギリスGPにエントリーし、日本人としてF1統計書に名前を載せた最初のドライバーとなったが、マキ・フォードF101は十分な競争力がなく、ともに予選落ちで決勝スタートを切れなかった。

そのため、1976年の国内初の世界選手権イベントで3人のドライバーが富士で初の公式日本F1ドライバーになるという名誉を共有した。ジェームス・ハントがタイトルを獲得するために雨の中を戦ったが、日本人F1ドライバーによって顕著な成果があった。

星野一義が最初にトップ3に入ったが、残念ながら彼の個人経営のティレル007は十分なウェットウェザータイヤのセットが不足していたため、撤退を余儀なくされた。

長谷見昌弘は、地元で製造されたコジマのシャシーで11位でフィニッシュする途中でファステストラップを記録した最初の日本人ドライバーになった。高原敬武は、スタートした3人の自国ドライバーの中で最高の位置にあり、サーティーズで9位でフィニッシュした。

1977年の富士でのレースは、高橋国光のトップ10フィニッシュを特徴としたが、レースには、F1と日本の関係を10年近く悩ませた事件が起こった。

レースの数周後、ジル・ヴィルヌーヴのフェラーリがロニー・ピーターソンのティレルの後ろにぶつかりました。フェラーリのマシンはティレルを飛び越えてノーズから逆さまに落下し、側転しながらエスケープゾーンの奥に突っ込んだ。ヴィルヌーブは奇跡的に無傷で脱出したが、立ち入り禁止区域で観戦していた観客1名と警備員1名が死亡し、7名が重軽傷を負うという惨事となった。F1の観客死亡事故は1975年第4戦スペインGP以来1年半ぶり。日本の自動車レース界では初めての出来事だった。

F1日本GPはカレンダーから消え、日本人ドライバーが争いに戻ったのは1987年のことだった。中嶋悟は、ロータス・ホンダでアイルトン・セナのチームメイトとして、国内初のフルタイムドライバーとなった。日本GPも復活し、富士から鈴鹿に移り、これまでのF1放送であるフジテレビの好意でファンとドラマを共有した。

川井一仁は、当時フジテレビのピットレーンレポーターであり、現在は主任コメンテーターです。文化の変化に苦しんでいる多くのドライバーとは異なり、川井一仁は優れた英語を話す。

「ある時、ロータスのメカニックと夕食を共にしていました」と川井一仁は回想する。

「食事をしている間、とても静かにしていました。すると彼らに『カズ、君は何をしているんだ? 中嶋の真似か?』と言われました」

中嶋悟の英語はほとんど「yes、no、good、bad」に限定されていた。中嶋悟は、イモラで6位につけてポイントを獲得した日本初のドライバーとなったが、最終的には4位でフィニッシュした。

日本人として最初のF1表彰台は、1990年に鈴鹿で鈴木亜久里が獲得した。アイルトン・セナとアラン・プロストの悪名高いタイトル決定の衝突に助けられたが、それは特別な結果であり、現在では鈴木亜久里の他には2人の日本人ドライバーしかF1の表彰台に立っていない。

2001年にチームメイトのアンソニー・デビッドソンを倒してイギリスF3のタイトルを獲得した佐藤琢磨は、翌年F1ドライバーになったとき、十分な語学力を持っていた。佐藤琢磨は、2004年のF1ヨーロッパGPの予選でフロントローを獲得した最初の日本人ドライバーになると3週間後のF1アメリカGPでは3位表彰台を獲得した。F1キャリアを終えた佐藤琢磨は、インディカーで米国に定着し、2度のインディ500ウィナーとなりました。

川井一仁は、佐藤琢磨も印象的だったが、さらに高いレベルのパフォーマンスを発揮した日本人ドライバーがいたと感じている。

「純粋なペースという点では、小林可夢偉はこれまでで最高だと思います。一貫性もありました」と川井一仁は語った。

「彼が2012年にザウバーでベルギーで取ったフロントローは凄かったですね。最高のマシンではありませんでした。でも、その後、グロージャンが彼のレースを台無しにしましたが…」

2012年はザウバーで小林可夢偉がセルジオ・ペレスと組んだ2年目であり、両者の間で緊密な戦いが繰り広げられた。セルジオ・ペレスは前年のルーキーキャンペーンから多くのことを学んだが、シーズン前半の予選ではほとんど選択の余地がなかった。ペレスはマクラーレンのドライブをすぐに手に入れることができ、後半に優位に立ったが、小林可夢偉は反撃し、鈴鹿で貴重な表彰台を獲得し、ペレスのポイント数をわずか6ポイント下回った。

それでも小林可夢偉は2013年に席を失い、F1での彼のチャンスはケーターハムとの実りのない2014年シーズンの終わりまでに終わり、一方、セルジオ・ペレスは昨年レーシング・ポイントでレースウィナーとなりました。

セルジオ・ペレスは現在、タイトル争いを繰り広げるレッドブルのドライバーとなり、常にフレッシュな才能の開発に熱心なレッドブルは、角田裕毅をアルファタウリに配置した。

角田裕毅は、新たな高みを達成できるキャリアを築くのに最適な立場にいる。ポールポジション、レースでの勝利、タイトルチャレンジはすべて、これまでのところ日本人ドライバーにとってとらえどころのないことが証明されてきたが、彼はルーキードライバーをうまくサポートするチームに属しており、全体的な成功のために戦うことを楽しんでいる別のドライバーと強く結びついている。

そして、20歳の角田裕毅には、今後成功を収めるための十分な時間がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ