角田裕毅の2021年03月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 角田裕毅 2021年 F1バーレーンGP オーバーテイク集

2021年3月31日
【動画】 角田裕毅 2021年 F1バーレーンGP オーバーテイク集
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅のF1デビュー戦となったF1バーレーンGPでのオーバーテイク集をF1公式サイトがまとめた。

7年ぶりの日本人ドライバーとしてF1グリッドに並んだ角田裕毅は、13番グリッドからスタートしたレースで9位入賞。デビュー戦でポイントを獲得した初めてのドライバーとなった。

レッドブルF1幹部 「角田裕毅は日本人初のF1チャンピオンも夢じゃない」

2021年3月31日
レッドブルF1幹部 「角田裕毅は日本人初のF1チャンピオンも夢じゃない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アルファタウリ・ホンダの日本人ドライバーである角田裕毅はF1の最新のスターになるための道を歩んでいると語る。

20歳の角田裕毅は、F1デビュー戦となったF1バーレーンGPで13番グリッドからスタートして9位入賞。2ポイントを獲得し、日本人ドライバーとしてデビュー戦で初めてポイントを獲得したF1ドライバーとなった。

角田裕毅 「最終ラップでストロールを抜けなかったら眠れなかった」

2021年3月31日
角田裕毅 「最終ラップでストロールを抜けなかったら眠れなかった」 / F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1デビュー戦となったバーレーンGPの最終ラップでランス・ストロール(アストンマーティン)を抜くことができなかったら、日曜日の夜に眠れなかっただろうと語る。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとして2021年のF1世界選手権に参戦する角田裕毅は、開幕戦F1バーレーンGPのレース終盤にすでにポイント圏内の10番手を走行していたが、最終ラップのスタート時に本気でランス・ストロールから9位を奪うことをすでに狙っていた。

NHK BS1特番 「このままでは終われない!ホンダF1と角田裕毅の挑戦」

2021年3月30日
NHK BS1特番 「このままでは終われない!ホンダF1と角田裕毅の挑戦」 3月31日0時10分~1時49分放送
NHK BS1は、2021年のF1世界選手権の特番「このままでは終われない!ホンダF1と角田裕毅の挑戦」を3月31日(水)午前0:10から放送する。

世界最高峰の自動車レース、F1。ホンダは最先端技術の開発と人材を育てるために挑戦を続けてきた。しかし、2020年10月、衝撃的な発表を行う。F1からの撤退。ファンから痛烈な批判を受けながら、ホンダの技術者たちは「このままでは終われない」と奮起した。

「角田裕毅はここ数年のF1で最高のルーキー」とF1幹部ロス・ブラウン

2021年3月30日
「角田裕毅はここ数年のF1で最高のルーキー」とF1幹部ロス・ブラウン
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1デビュー戦となったバーレーンGPで9位入賞を果たした角田裕毅は“近年のF1で最高のルーキー”だと絶賛した。

7年ぶりの日本人ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅は、予選Q1で2番手タイムを記録するなど週末の注目トピックのひとつとなり、決勝では9位入賞を果たし、F1デビュー戦でポイント獲得を果たした初めての日本人ドライバーとなった。

【動画】 角田裕毅、ペレスのグリッドに着きそうになりバック

2021年3月30日
【動画】 角田裕毅、ペレスのグリッドに着きそうになりバック / F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1デビュー戦となったバーレーンGPのスタート直前に小さなミスを犯していた。

フォーメーションラップ中、11番グリッドのセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)のマシンが突然シャットダウン。なんとか再始動することができ、ピットレーンスタートで最後尾からスタートすることになった。

【動画】 角田裕毅、最終ラップでランス・ストロールをオーバーテイク

2021年3月29日
【動画】 角田裕毅、最終ラップでランス・ストロールをオーバーテイク / アルファタウリ・ホンダ F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、7年ぶりの日本人F1ドライバーであり、F1バーレーンGPではデビュー戦でポイントを獲得した史上65人目のF1ドライバーとなった。しかし、角田裕毅は9位に大喜びしているわけではない。

FIA-F2での活躍からデビュー前からミック・シューマッハ以上の注目を集めていた角田裕毅。13番グリッドからのスタートで1周目に15番手まで順位を落としたが、セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンとのバトルを制して10番手に浮上。前のランス・ストロールを追った。

角田裕毅、F1デビュー戦を回想「アロンソを抜いた瞬間は感動的だった」

2021年3月29日
角田裕毅、F1デビュー戦を回想「アロンソを抜いた瞬間は感動的だった」 / アルファタウリ・ホンダ F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅は、9位入賞を果たしたF1バーレーンGPでの“感動的”な瞬間としてフェルナンド・アロンソとのバトルを挙げた。

角田裕毅は、これまで限られた走行時間のなかで印象的なパフォーマンスを示してきたが、土曜日の予選ではQ2でミディアムタイヤを生かし切れずに13番手。慎重なスタートで15番手に順位を落としたが、際立ったオーバーテイクを何度も見せ、最終ラップではランス・ストロールを追い抜いて9位でフィニッシュ。デビュー戦でポイント獲得を果たした初の日本人ドライバーとなった。

アルファタウリF1代表、9位入賞の角田裕毅を称賛「素晴らしい仕事をした」

2021年3月29日
アルファタウリF1代表、9位入賞の角田裕毅を称賛「素晴らしい仕事をした」 / F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝を振り返り、F1デビュー戦で9位入賞を果たした角田裕毅を称えた。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとなった角田裕毅は、13番グリッドからスタートで順位を落としたものの、セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンのような元F1ワールドチャンピオンとのバトルにも一歩も引かない果敢な攻めを見せて順位を挽回。9位入賞を果たし、日本人ドライバーとして初めてデビュー戦でポイント獲得した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム