ウィリアムズの2013年11月のF1情報を一覧表示します。

セビ・プヒョラー、トロ・ロッソに移籍

2013年11月29日
セビ・プヒョラー
ウィリアムズのチーフレースエンジニアを務めていたセビ・プヒョラーが、チームを離れ、トロ・ロッソに加入することが明らかになった。セビ・プヒョラーのチーム離脱は、フェラーリでフェリペ・マッサのレースエンジニアを務めたロブ・スメドレーのウィリアムズ加入のために空席ができたことになる。

40歳のセビ・プヒョラーは、2000年にレッドブルが講演するRSM F3000チームでヘルムート・マルコと働いている。

バルテリ・ボッタス、ハミルトンと同一周回だと勘違い

2013年11月25日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、F1ブラジルGPの決勝レースで接触したルイス・ハミルトンと同一周回を競っていると思っていたようだ。

バルテリ・ボッタスは、ターン4でイン側のラインを守ろうとしたルイス・ハミルトンに対し、アウト側から追い抜きを仕掛けたところが、2台のタイヤが接触。ボッタスは、左リアタイヤを破損してリタイアした。

ウィリアムズ:合計5ポイントの苦しいシーズン (F1ブラジルGP)

2013年11月25日
ウィリアムズ F1ブラジルGP 結果
ウィリアムズは、F1ブラジルGPの決勝レースで、パストール・マルドナドが16位、バルテリ・ボッタスがリタイアでレースを終えた。

2013年シーズン、ウィリアムズはドライバーズ選手権でバルテリ・ボッタスは4ポイントを獲得して17位、パストール・マルドナドが1ポイントを獲得して18位。コンストラクターズ選手権を9位で終えた。

ウィリアムズ:ウェットコンディションに苦戦 (F1ブラジルGP 予選)

2013年11月24日
ウィリアムズ F1ブラジルGP 予選
ウィリアムズは、F1ブラジルGPの予選で、バルテリ・ボッタスが13番手、パストール・マルドナドが17番手だった。

バルテリ・ボッタス (13番手)
「ここでの最適なセットアップを見つけることに苦労しているし、ここまでの週末は僕たちにとって難しかった。現時点で僕たちのクルマはドライの方が合っているようだし13番手は今日の僕たちのポジションをよく表していると思う」

ウィリアムズ:F1ブラジルGP 初日のコメント

2013年11月23日
ウィリアムズ F1ブラジルGP
ウィリアムズは、F1ブラジルGP初日のフリー走行で、パストール・マルドナドが14番手タイム、バルテリ・ボッタスが16番手タイムを記録した。

パストール・マルドナド (14番手)
「天候とタイヤ制限によって今日は限られた一日だった。通常は速いトラックだけど、駆動状況はハイドロプレーニングが多くて難しかった。タイヤをより理解できたと思うので、ポジティブに感じているし、明日それを利用することができることを願っている」

パストール・マルドナド 「PDVSAの支援がなくてもF1に残れる」

2013年11月22日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、最大の支援者であるPDVSAの支援がなくなってもF1に残れると自信を示している。

パストール・マルドナドは、今シーズン限りでウィリアムズを離脱することが決定しており、PDVSAもウィリアムズとの契約を解消する。

まだ2014年の契約は確保していないパストール・マルドナドだが、F1残留を確信しており、2014年のナンバー1チョイスはすでに決まっていると述べた。

パストール・マルドナド 「感情的なレースになるだろう」

2013年11月21日
パストール・マルドナド(ウィリアムズ)
パストール・マルドナドが、ウィリアムズでの最後のレースとなる2013年シーズン最終戦ブラジルGPへの意気込みを語った。

パストール・マルドナド(ウィリアムズ)
「ブラジルは、シーズンで最も楽しいレースのひとつだし、いつも戻ってくるのを楽しみにしている。いくつかの新しいサーキットのような印象的なインフラではないかもしれないけど、驚くような雰囲気だし、トラックは非常に歴史があるし、通常、いくつか良いオーバーテイクの機会があるので、とても面白いレースになる」

バルテリ・ボッタス 「良い結果でF1初シーズンを終えたい」

2013年11月21日
バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)
バルテリ・ボッタスが、2013年シーズン最終戦ブラジルGPへの意気込みを語った。

バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)
「オースティンでは力強いパフォーマンスでチームのために僕の初ポイントを獲得できたし、ブラジルでもトップ10でフィニッシュする良いチャンスがあると思う。しばしば、インテルラゴスの天候はかなり多様なので、予選やレース中に雨が降れば、戦略を機能させて順位を上げるチャンスをチームに与えてくれるだろう」

パストール・マルドナド、“妨害行為”発言は「ストレスが溜まっていた」

2013年11月19日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、F1アメリカGPでウィリアムズに対して不満を爆発させた理由について説明した。

予選でチームメイトのバルテリ・ボッタスが最速タイムでQ1を通過したのに対し、ノックアウトという結果に終わったパストール・マルドナドは、セッション後に、自分のクルマがメカニックによって不適切にいじられたとほのめかしていた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム